逓信省型式試験合格受信機写真
Radio set Passed Examination by The Ministry of Posts and Telecommunications

第29/210号 ダイヤトーン 47-D型 5球スーパー 三菱電機(株) 1947-48年 ¥7,950, 1949年 \9,800

No.29/210 Diatone Model 47-D  5 Tubes Super Heterodyne  Mitsubishi Electric Co., Ltd.  1947-48 JPY 7,950, 1949 JPY 9,800

  

   
   Name Plate                 取扱説明書表紙/Instruction Manual          広告(電波科学'48.7裏表紙)/Advertisement

TUBES: 6A7-6D6-6ZDH3-42-80 (No.29), Electro-dynamic Speaker
TUBES: 6WC5-6D6-6ZDH3-42-80 (No.210)

三菱電機が戦後スピーカの生産を通してラジオ産業に参入して最初に発表したスーパー受信機。
この時代のラジオの例にもれず、多くの改良がおこなわれている。
同社は後にパーマネント・ダイナミック・スピーカP-62F型で有名になるが、この機種が開発されたころには、完成していない。この機種では最初のフィールド型ダイナミック・スピーカD-60型を採用している。
設計当初は検波管が6B7であったが、すぐに6Z-DH3に変更された。
本機は、逓信省型式試験が実施される直前の製品だが、初期型とは銘板の取付位置や材質、後部の換気口の有無など、細部が異なる。デザイン面では、初期型が、"DIATONE"の文字が黄色であったのに対し、本機では白色となっている。2色刷りから1色とすることでコストダウンしたものと思われる。

1948年に型式試験合格番号29を得た後、1948年末にコンバータ管を6WC5に変更して試験を受けなおし、No.210となり、その後1949年1月31日まで製造された。この程度の変更では他社では別番号をとることはなく、変更申請で済ませている。同社らしい律儀な対応である。

Model 47-D was the first model of Diatone radio manufactured by Mitsubishi Electric Co.,
Diatone became famous brand of Hi-Fi speaker.
Mitsubishi modified the converter tube from 6A7 into 6WC5 at late 1948.
Then they passed examination again and the new passed number 210 was given.
Model 47-D was discontinued production at 31/01/1949.

本機はツマミが1個失われている以外はオリジナルを良く保っている。

掲載誌:電波科学 1948.7
Appeared on The Denpa Kagaku (Radio Technic & Science) 07/1948 published by Nippon Housou Shuppan Kyokai

(Collection No.11274)

もどる ホーム

RETURN HOME