逓信省型式試験合格受信機写真
Radio set Passed Examination by The Ministry of Posts and Telecommunications

第289号 ナナオラ 5R-71型 5球スーパー 七欧無線電気(株) (1950-51) 10,000円

No.289 Nanaola Model 5R-71 , 5 tubes Superheterodyne, Nanao Radio Co., Ltd. (1950-51) JPY10,000

   

TUBES: 6WC5-6D6-6ZDH3-42-80BK, 6.5" Permanent dynamic Speaker

ナナオラの比較的コンパクトな5球スーパー。型式試験は、5R-70A型で1949年に受けている(厳密には電波庁型式試験というべきであるが)。5R-71への変更は、受信周波数帯変更のためと思われる。本機の受信周波数帯は535-1680kcである。戦前よく見られた側面から調整する大型のIFTを使用しているのが特徴。キャビネット天井裏側にアンテナとなる鉄板が取り付けられている。雑誌に紹介されているセットはスピーカがシャーシ側に取り付けられているが、所蔵品はキャビネット側に変更されている。

この機種は、1952年頃には、メーカーの倒産、分裂により分離した「ナナオ無線」に移行し、キャビネットの表示をNanaoに変更して1953年まで販売された。

ラジオの型式試験はこの機種で最後となった。

Nanao Radio was one of the leading companies of Japanese radio industry from pre war.
This was their popular model. Original model 5R-70A was passed at 1949.
This 5R-71 was changed receiving band from 550-1500kc to 535-1680kc.
In 1952, Nanao Radio was separated 2 companies by internal discord.
New company Nanao Musen took over this model from continued Nanao Radio.
Brand name was changed from Nanaola into Nanao and added suffix “-A”.
Model 5R-71A was sold until 1953.

掲載誌 ラジオ技術 1950.4

Appeared on Radio Gijyutu (Radio-Craft Monthly) magazine 04/1950 published by Kagaku-sha

(Collection No.11370)

もどる ホーム

RETURN HOME