逓信省型式試験合格受信機写真

第38号 トーツー普及スーパー RS-52型  東洋通信機(株) (1948.6.12合格) \5,500

  

 古い歴史を持つ通信機メーカーである東洋通信機が戦後民生市場に参入して製造したユニークなデザインの小型5球スーパー。
6A7をコンバータに使い、6ZP1-12Fの普及機である。
同社はその後ラジオからは撤退し、水晶振動子などの電子部品、機器を製造していたが2005年、セイコーエプソン(株)水晶事業部と経営統合し、エプソントヨコム(株)として存続している。

本機はツマミが1個失われているほか、コイルが交換され、コンバータが6WC5に、第2検波が6ZDH3Aに改造されている。
左隅のフォーンジャックは後から付けられたもの

掲載誌:電波日本 Vol.45, No.3

(所蔵No.11453)

もどる HOME