逓信省型式試験合格受信機写真
Radio set Passed Examination by The Ministry of Posts and Telecommunications

第57号 ヘルメスM-45型 高一付4球受信機 大阪無線(株) (1949)

No.57 Hermes Model M-45 , 4-tubes TRF, The Osaka Musen Co., Ltd.

  
     (Collection No.11376)

  
     (Collection No.11510)

TUBES: 6D6 6C6 6ZP1 12F, Permanent Dynamic Speaker (NOBLE)

戦前からの中堅メーカー、大阪無線の国民型受信機。
1948年当初はマグネチックスピーカを使用する国民型2号受信機M-4型で試験に合格したが、1949年にこのパーマネント・ダイナミック・スピーカを使用するM-45型が追加された。M-4型とM-45型は、細部を除きデザインは同じである。
貧弱なセットで、戦前には日本楽器製キャビネットを採用した高級受信機で知られるヘルメスの面影はない。
本機には、写真のようにスピーカのサイズとダイヤルの色が異なるものが確認されている。
スピーカはどちらもノーブル(帝国通信工業)の製品を使っている。
この他に、キャビネットのデザインが異なるものも確認されている。

Hermes was well known as the brand of high grade set at pre war.
However, their ability as the manufacturer of hi-end set was lost by war.

No.57 was passed for model M-4(with magnetic speaker).
This was additional model with small dynamic speaker.
The design and quality was poor.
They continued their business until 1955.
These variation model existed.

(Collection No.11510)

もどる ホーム

RETURN  HOME