逓信省型式試験合格受信機写真
Radio set Passed Examination by The Ministry of Posts and Telecommunications

第72号 サンライト TTB-48型 国民型4号A受信機 高一付4球受信機 (株)日立製作所 (1948) \3,800

No.72 Sun Light Model TTB-48 Kokumin-gata No.4-A, TRF 4 tubes, Hitachi Ltd. 1948 Original rice: JPY 3,800

  
 
  

TUBES: 6D6-6C6-42-80, Electro-dynamic Speaker (Hitachi Model D-160, 6.5")

 軍需を失った日立製作所は戦後ラジオの生産に参入した。
同社は国民型受信機に「サンライト」、スーパー受信機に「ムーンライト」のブランドを付けて発売した。
サンライトシリーズにはダイナミックを使った国民型4号しかなく、比較的高級路線をとったようである。
これはサンライトの後期のモデル。自社製6.5インチ・ダイナミックを駆動する。
サンライトシリーズに共通する特徴として、踏み台にしても大丈夫な強度が要求されたという頑丈なキャビネットがあげられる。
同社のラジオ受信機は、丈夫で高級な製品ではあったが販売には結びつかず、社員への現物支給などの形で販売されたものが多かったという。

Hitachi tried to change their business into peacetime industries.
They started production of radio from 1946.
They named their TRF set “Sun Light” and super heterodyne named “Moon Light”.
Sun Light series was middle class TRF 4 tubes set with dynamic speaker.
Model TTB-48 was later model of Sun Light series.
Sun light radio had strong cabinet and high quality chassis.
However, cost was high and number of production was limited.
Sun Light radio did not succeed in business.

(Collection No.11519)

もどる ホーム

RETURN  HOME