放送協会認定受信機写真
Approved Radio by NHK

放11143号 クラリオン国民1号局型123号受信機/オーダー2号型国民受信機 帝国電波(株) (1946.10.4認定)

Approved No. 11143 Clarion Type Kokumin-gata No.1 Kyoku-gata No.123 / Ohda Model 2 Teikoku Dempa Co., Ltd.. Approved at 4/10/1946

  
    
      

TUBES: 12YV1-12YR1-12ZP1-24ZK2-B37, Transformer-less, TRF, Magnetic Speaker (Paper Framed)

1943(昭和18)年、オーダー受信機の白山無線電機(株)はビオン受信機の瀧澤無線電機工業(株)を合併し、帝国電波(株)と改称した。
同社は戦後「クラリオン」ブランドでラジオを発売した。現在のクラリオンの始まりである。
この国民型1号受信機は1946(昭和21)年に認定を取得したクラリオンの1号機である。
キャビネットのデザインが変えられているが、放送局型123号受信機そのものである。

セット内部の表示には「国民1号局型123号受信機」と表示され、ダイヤルにはクラリオンのマークが付きながら銘板には合併前のブランドを使用し、「オーダー2号型国民受信機」と表示されるなど、混乱した状況が反映されている。
真空管のコストが高く、戦後特に悪化していた電力事情の下では電圧低下に弱い国民型1号受信機は発売される機種も少なかった。

本機はオリジナルの状態が非常に良く保たれている。

In 1943, Hakusan Musen merged with Takizawa Musen.
New company name was Teikoku Denpa.
Their new brand name was “Clarion”.
This TRF set was first model of Clarion radio approved in 1946.
Design was modernized but this set equaled Housoukyoku-gata No.123.
Housoukyoku-gata type No.123 receiver changed into “Kokumin-gata” No.1 receiver in 1946.
This set had both name Housoukyku-gata No.123 and Kokumin-gata No.1.

However, the quality of power line was very poor. Voltage was not stabilized.
Transformer-less receiver was lack of sensitivity by low voltage.
And failure often caused by high voltage. Reliability was lower than conventional radio sets with power transformer.
The price of tubes for transformer-less receiver was expensive and production was limited.
13 models of Kokumin-gata No.1 receiver were produced. However these radios did not prevailed.

Teikoku Denpa changed company name into Clarion and continued their business now.

This example kept original condition well.

(Collection No.11530)

もどる ホーム

RETURN HOME