逓信省型式試験合格受信機写真

第156号 ビクター 5AW7B(シャーシ:JC-106)型 5バンド5球オールウェーブスーパー 日本ビクター(株) (1948-49) \13,000

  

 

日本ビクターのオールウェーブスーパー。
6WC5-6D6-6ZDH3-42-80の標準的な構成で、自社製フィールド型ダイナミックを駆動する。
4-22Mcの短波帯を細かく4バンドに分けたオールウェーブで、同社が戦後すぐに発売した5AW1型「黎明」受信機の設計を引き継いでいる。
この設計は1940年頃の米RCAのセットに原型がある。
5AW7Bは改良型で、初期の5AW7型とは、ビクターのマークやロゴが異なる。
外観を変えずに6ZDH3が6ZDH3Aに変更され、5AW7Cにマイナーチェンジされ、1950年まで生産された。

本機は裏蓋が失われている。また、ツマミは失われていたためオリジナルと似た形の社外品を取り付けた。

(所蔵No.11581)

一覧表へ HOME