逓信省型式試験合格受信機写真
Radio set Passed Examination by The Ministry of Posts and Telecommunications

第199号 メロダイン MS-5000C型 5球スーパー (有)東洋産業ラジオ部 (1948-50) \6,700

No.199 Melodyne Model MS-5000C , 5 tubes Super Heterodyne, Toyo Sangyo Radio Works (1948-50) , Original Price: JPY 6,700

 DELUXE

  

(Collection No.11748)

 SUPER DELUXE

  

     

TUBES: 6WC5-6D6-6ZDH3A(型式試験時には6ZDH3)-6ZP1-12F, (6ZDH3 on the table of tested radios)
6.5" Permanent Dynamic Speaker (Diatone)

中小メーカー、(有)東洋産業の5球スーパー。
ダイヤトーンの6.5インチ・パーマネント・ダイナミックを駆動する。
同社の「メロダイン」受信機には、斬新で個性的なデザインが多い。
初期に発売された"DELUXE"型は、1930年代のアメリカ製受信機を思わせるもので、本来はプラスチックのキャビネットを木で再現している。
平均的な5球スーパーより一回り小さく作られ、価格も普及価格帯である。

この流線型のデザインがコスト高だったためか、1949年に角型の「Super Deluxe」型が追加された。
この機種は、1940年代のドイツ製を思わせるスマートなデザインである。シャーシは"DELUXE"とまったく同じである。

本機は社名入りの真空管が揃っており、製造当初の状態がほぼ維持されていると思われる。
DELUXEやSUPER DELUXE という呼称は、1960年代以降、自動車のグレードとして一般的になるが、この時代に使用しているのはかなり早い。

Small manufacturer Toyo Sangyo released unique small radios as “Melodyne” brand.
Model MS-5000C “DELUXE” had streamlined plastic like wooden cabinet.
Size was smaller than ordinary other radios.
In 1949, additional model “SUPER DELUXE” was released. This model had square shaped painted wooden cabinet.

These examples keeps good original condition.

掲載誌:無線と実験1950.6
Appeard on the magazine "Musen to Jikken"(The Radio Experimenter's Magagine) 6/1950 published by Seibundo-Shinkosha

(Collection No.11602)

もどる  ホーム

RETURN HOME