放送協会認定受信機
Approved Radio by NHK

放11613号  TEN DR-4型 国民型4号B受信機 (株)川西機械製作所 (1946.7.23認定)

Approved No.11613 TEN Model DR-4 Type Kokumin-gata No.4-B Kawanishi Kikai Seisakusho Ltd. Approved at 23/07/1946

   
   初期型(No.466420)、ツマミ、トランスはオリジナルではない Early Model (Collection No. 11920)

   
    後期型(製造番号不明) Later Model (Collection No. 11628)
  

TUBES: 6D6-6C6-42-12F , TRF, Electro-dynamic Speaker (6")

 航空機メーカの川西機械製作所の通信機部門が戦後最初に発表した国民型受信機。
低いB電圧で42をドライブするために、42は半固定バイアスとされ、フィールドコイルをアース側に入れる回路となっている。
大理石風の特殊な塗装が特徴的である。このモデルは2種類のデザインが確認されている。
製造番号から、所蔵番号11920のほうが初期型と思われる。
1946年の認定だが、後期型は1947年2月の生産である。
通信機メーカらしい、しっかりしたつくりのシャーシである。
1947年9月頃には、構造をより簡略化されたDR-4A型にモデルチェンジされた。

 Kawanishi kikai was reconverted company from war production.
This model was their first released TRF radio in 1946.
They also released hi-end super heterodyne sets.
To decreased B voltage for power tube, field coil of speaker was connected to cathode side and bias voltage was given to power tube through the semi fixed circuit.
Cabinet was painted marble tone and quality of chassis kept high level.
This example was manufactured in 02/1947.
In the later 1947, Model DR-4 was changed into simplified model DR-4A.

本機は側面の電源スイッチが取り外され、中継スイッチが付けられている。
Power switch was replaced to unoriginal parts.

掲載誌:電波科学1947.6
Appeared on The Denpa Kagaku (Radio Technic & Science) 06/1947 published by Nippon Housou Shuppan Kyokai

(Collection No.11628)

もどる ホーム

RETURN HOME