逓信省型式試験合格受信機写真
Radio set Passed Examination by The Ministry of Posts and Telecommunications

第45号 コンサートン DS-5型 5球スーパー 戸根無線(株) (1948-49) \5,900(1948) / 卸\6,500(1949)

No.45  Concertone Model DS-5  Tone Musen K.K., 1948-49, Original Retail Price: JPY 5,900 (1948)/ Whole sale JPY 6,500 (1949)

   
      初期型/Early Model, ツマミは右側がオリジナルと考えられる (Collection No.11669)

          
電波科学1948年7月号表紙より、ダイヤル、スピーカ周りが簡素                 添付の回路図/Schematic Diagram

  

   後期型/Later Model (Collection No.11196) 

TUBES: 6A7-6D6-6ZDH3-6ZP1-12F, Permanent Dynamic Speaker

大阪の歴史のある中堅メーカー、戸根無線が「国民型スーパー」として発表した普及型5球スーパー。
\5,900(型式試験合格当時)と、5球スーパーとしては安価である。1949年には大幅に値上がりして卸値で\6,500になった。
真空管の配列は6A7-6D6-6ZDH3-6ZP1-12Fの、普及スーパーのごくありふれたものだが、電源トランスを単巻(オートトランス)とし、コストを下げてシャーシを小型にしている。
本機のデザインについては、多くのバリエーションが確認されている。1949年まで販売されていた。
電波科学1948年7月号に掲載されているものは、上記Collection No.11699 に近いタイプだが、ダイヤル周りなどがよりシンプルになっている。
電波日本Vol.45,No.3(1948.11)に掲載されているものは、スピーカの桟の数が3本である。
そして、実機が最も多く確認されているのが、上記の「後期型」のモデルである。

同社は戦後復興期の過剰投資とドッジラインによる不況のあおりで1950年春に倒産する。
このDS-5型は同社最後のベストセラーとなった。

Tone Musen was one of the leading companies of radio industry in Osaka.
Model DS-5 was their low cost 5 tubes super heterodyne.
The line up of tubes were typical. Power transformer used auto-transformer type to reduce cost and size.
Many variations of this model existed.
The “Later Model” was very popular.

2台ともコンバーターに6WC5を使用しているが、改造によるものか、メーカーにより6A7から変更されたものかは不明。
なお、キャビネット内に貼付されている配置図、回路図は6A7である。
Tese example used 6WC5 for converter. It is unknown that this tube used as original or replacement.

掲載誌:電波科学1948.7 、電波日本Vol.45, No.3 廣瀬卸商報1949年10月
Appeared on The Denpa Nippon Vol.45 No.3 published by Nippon Denpa Kyokai
Appeared on The Denpa Kagaku (Radio Technic & Science) 07/1948 published by Nippon Housou Shuppan Kyokai

(Collection No.11196,11669)

もどる ホーム

RETURN  HOME