逓信省型式試験合格受信機写真

第248号 テン ”スーパースター” DR-1S5C/D型 普及型5球スーパー 神戸工業(株) 1950年(1949年4月22日合格)

   

   

 軍需産業から参入した川西機械製作所は1949年に財閥解体により解散し、神戸工業(株)が設立された。
このセットは第34号、DR-1S5型を大幅にモデルチェンジしたもの。
1949年に試験合格第248号となったのはDR-1S5B型である。
この段階で平凡で古臭かったDR-1S5型はプラスチックダイヤルを採用した現代的なデザインに変更された。
1950年にキャビネットが角ばったデザインに変更され、DR-1S5C型となった。
このシャーシはツマミが付いたダイヤルごと引き出すことができる。
真空管は6WC5-6D6-6ZDH3A-42-80 で、TEN VOX 6.5"パーマネント・ダイナミックを駆動する。
本機は、銘板が「DR-1S5C」、底板の回路図には「DR-1S5D」となっている。
C型とD型の違いはほとんどなく、真空管が6ZDH3か、6ZDH3Aかの違いのようである。
回路図ではどちらでもよいように記述されており、大きな違いは無いようである。

神戸工業(株)は1968年に富士通(株)と合併し、現在は富士通テン(株)としてカーオーディオを生産している。

掲載誌:ラジオ技術1950.11

(所蔵No.11770)

もどる HOME