逓信省型式試験合格受信機
Radio set Passed Examination by The Ministry of Posts and Telecommunications

第13号  ミリオン(Million) 再生式4号受信機 KR-4型 岩崎通信機(株)/千歳工芸(株) (1948-49) \3,168.40

Passed No.13 Million Model KR-4 Iwasaki Tsushinki K.K. / Titose Kogei K.K. (1948-49) , JPY 3168.40

  

  

TUBES: 6D6-6C6-42-12F、Permanent Dynamic

 通信機、測定器で知られる岩崎通信機が終戦直後に発売した国民型受信機。
このセットは、当初フィールド型ダイナミックを採用したミリオン国民4号B型として発売された。
6D6-6C6-42-12Fの構成で、パーマネント・ダイナミックを駆動する4号受信機である。
放送協会認定から逓信省型式試験への移行に伴い、国民型の呼称がなくなっていることがわかる。
同社のラジオ事業は、その後本業の通信機の業務の復興に伴って縮小された。
1949年には事業が分離され、千歳工芸(株)として独立した。

本機は、スピーカが失われている。また、出力管が失われていたため、手持ちのものを取り付けた。
また、ツマミが失われているが、キャビネットは使用感が少なく、製造当初のコンディションを維持していると思われる。

(Collection No.11820/11952)

もどる ホーム

RETURN  HOME