逓信省型式試験合格受信機写真
Radio set Passed Examination by The Ministry of Posts and Telecommunications

第48号 シャープ5R-14A型 5球スーパー 早川電機工業(株) (1949年) 9,620円

No.48 Sharp Model 5R-14A  5 tubes Super Heterodyne, Hayakawa Electric Industry Co., Ltd., 1949, JPY 9,620

   

  TUBES: 6WC5-6D6-6ZDH3A-6ZP1-12F , Permanent Dynamic Speaker (5")

シャープのの普及型5球スーパー。トラッキングレスバリコンが使われ、回路がシンプルになっている。普及型小型スーパー5-R型と同じ合格番号を踏襲した後継機である。5-R型の特徴であった、パイロットランプの位置で同調位置を示し、指針を省略したダイヤルは通常の針式に改められ、ツマミを外さずにシャーシを取り出せる構造も廃された。キャビネットは一回り大きくなり、国民型受信機程度のサイズになった。

1949年に5R-14型として発売された時は、検波管が6ZDH3であったが、6ZDH3Aに変更された。5R-14型とは外観のデザインは基本的に同じだが、地味すぎる欠点を改めるため、ダイヤル周囲にメッキの飾りが追加された。

This model was Hayakawa’s low cost super heterodyne set. To realize simplified circuit, tracking-less variable capacitor was used. The size of cabinet was enlarged from previous model 5-R. Model 5R-14 was changed into model 5R-14A in 1949.

掲載誌:電波日本 Vol.45, No.1,2
Appeared on The Denpa Nippon Vol.45 No.1,2 published by Nippon Denpa Kyokai

(Collection No.11987)

もどる ホーム

RETURN  HOME