第3回特別展「高度成長の記憶」 ご案内 

特別展要旨  出展目録(pdfファイル)
 
特別展要旨

今から50年前の1964(昭和39)年、オリンピック東京大会が開催され、世界に復興した日本をアピールしました。この年の前後10年間、昭和30年代と40年代(1955-74)が、ほぼ「高度経済成長期」にあたります。この間、年率で平均9%という驚異的な経済成長率を記録し、人類が月に到達した翌年の1970(昭和45)年には万国博を開催し、日本は先進国の仲間入りを果たしました。しかし、公害などの成長のひずみが社会問題をもたらし、1973(昭和48)年の石油ショックで高度成長は終わりを告げました。

「所得倍増」が実現した結果、物価も上昇したものの国民の生活は豊かになり、家電製品に対する旺盛な内需が発生し、テレビやオーディオ、冷蔵庫など白物家電が一般家庭に行きわたりました。

技術的には真空管の時代が終わり、トランジスターとICに置き換わった時代でした。トランジスターラジオは1959年頃から輸出が急増し、より高度なテレビ、オーディオが後に続きました。日本製品が粗悪な安物から信頼できる高級品に変化していった時代です。1970年代に入ると国内では白黒テレビが普及し尽くし、カラーテレビに切り替わっていきました。

今回の特別展では、高度成長期を振り返り、東京オリンピックが開催された1964年頃の製品を中心に、1950年代後半から1980年頃までのラジオ、テレビなどを展示します。

展示品から

   
  (左)サンヨークロックラジオ 6SC-10型(1961)    (右)東芝トランジスタラジオ9L-950S (1962-63年)

TOP

お問い合わせは日本ラジオ博物館
電話0263-36-2515
e-mail
ホーム もどる