Japan Radio Museum   | お問い合わせ | リンク集 | ENGLISH |

ホーム博物館(松本)案内 活動方針 ラジオの図書案内


鉱石受信機、レシーバ展示室
 

1925-28


CONTENTS

解説編  (別ファイル) 真空管式受信機 (別ファイル) 型式証明受信機及び付属品 (別ファイル)

ラジオ展示室 (更新)

参考文献

HOME


ラジオ展示室


 アメリカ製セット 

初期の探り式鉱石受信機 (U.S.A. unknown mfr. 1920年頃)

手作りの探り式鉱石受信機  (U.S.A. unknown mfr. 1920年代前半)

チューナ+探り式鉱石検波器 (U.S.A. unknown mfr. 1920年頃) 

Westinghouse Aeriola Jr. (Type RE) 探り式鉱石受信機 Westinghouse Electric & Manufacturing Company (1921-22)

 日本製セット
ideal set + HELLERTON受話器 メーカ不明 1925年頃 

手作りの探り式鉱石受信機 メーカ不明 1925年頃

携帯型探り式鉱石受信機 HP. メーカ不明 1925年頃

早川式鉱石セット + MBK受話器 早川金属工業研究所 1926-27年頃 (NEW)

メトロフォン鉱石セット Wakue Works 1927年

固定鉱石受信機  メーカ不明 1927年頃

固定鉱石受信機  メーカ不明 1929年頃

固定鉱石受信機  メーカ不明 1929年頃

長野放送局開局記念鉱石ラジオ 信濃毎日新聞社 1931年

小型固定鉱石受信機 R.S.A. RADIOPRODUCTS 1933年頃 

 レシーバ、付属品(輸入品)

N&K 両耳式レシーバ  Neufeldt & Kuhnke Kiel (Germany) 1925年頃

Telefunken EH333 両耳式レシーバ Telefunken GmbH (Germany) 1925年頃

TEFAG E1383 両耳式レシーバ Telephon Aktiengesellschaft vorm. J. Berliner(Germany)

 レシーバ、付属品(日本製


NEC 受話器 日本電気 1924年 型式証明 No.2 \14.00 
安中AR-82型レシーバ 安中電機製作所 1925年 型式証明 No.17 
FORD Radio Receiver メーカ不明 1930年頃 
Telephonken レシーバ メーカ不明 1930年頃
日本無線 Telefunken Type (後期型) 日本無線電信電話(株) 1932年
澤藤 SF-48型 Radio Head Set 澤藤製作所 1933年頃 

HOME


受信機本体 (アメリカ製)


初期の探り式鉱石受信機 (U.S.A. unknown mfr. 1920年頃)


放送開始以前のものと思われるアメリカ製の鉱石受信機。同調バリコンはなく、アンテナコイルの被覆を剥いだ面をスライダーでショートすることで周波数を変える。中央の角型の台のカップに鉱石を入れて、アームに付けた「猫髭(失われている)」で探りながら受信できるポイントを探すというもの。コイルの左側がアンテナ、アース端子、検波器の右がレシーバ端子。
もっともプリミティブな受信機といえる。

(所蔵No.11535)

LIST


手作りの探り式鉱石受信機  (U.S.A. unknown mfr. 1920年代前半)

真空管式受信機並の大きさのアメリカ製鉱石受信機。
箱の作りから見てアマチュアが作ったものと思われる。
この受信機もバリコンはなく、正面のダイヤルはコイルのタップ切り替えである。
左右の箱にはリード線、レシーバなどを収納していたと思われる。
パネル右上に探り式鉱石検波器がある(現在はゲルマニュームダイオードがはんだ付けされている)。

(所蔵No.11533)

LIST


チューナ+探り式鉱石検波器 (U.S.A. unknown mfr. 1920年頃)

  

  

 アメリカで放送が始まった頃の鉱石受信機。バリオカプラを使ったチューナと探り式鉱石検波器を組み合わせて使用する。メーカは不明だが、マルコーニ社のライセンスを示す銘板が残っている。チューナと鉱石検波器が、本来の組み合わせであったかどうかは不明である。

(所蔵No.11805)

LIST


Westinghouse Aeriola Jr.(Type RE) 探り式鉱石受信機 Westinghouse Electric & Manufacturing Company (U.S.A. 1921-22) $25

  

 アメリカで放送開始直後にウェスチングハウスが発売した探り式鉱石受信機。バリコンはなく、2つのコイルの角度を変えて選局するバリオメータを採用している。この機種はベストセラーとなった。1922年にブランドがRCAのRadiolaに統一され、Radiola Juniorとなった。日本ではNECがN.E.式L-C型ラジオ受信機として国産化した。

(所蔵No.11720)

LIST


受信機本体 (日本製)


ideal set + HELLERTON受話器 メーカ不明 1925年頃

 

日本製と思われる初期の探り式鉱石ラジオと、ドイツ製と思われる両耳式レシーバ。いずれもメーカは不明である。
コイルの側面の被覆をはがしてスライダを摺動させることでインダクタンスを変化させて同調を取る。バリコンはない。

(所蔵No.11A094)

LIST


 

手作りの探り式鉱石受信機 メーカ不明 1925年頃

 

 放送開始の頃にアマチュアが手作りしたと思われる鉱石ラジオ。粗末な木箱に入れられている。
このパネルが上を向いたデザインは、初期の鉱石受信機によく見られたスタイルである。
発見時は固定鉱石用のホルダが付けられていたが、部品の年代を考慮して当館で探り式に直した。
その他の使用部品は、昭和初期のバリコンとスパイダーコイルだが、ともに当時改造されたものと思われる。本来は、木箱の底に大型のソレノイドコイルを取り付けたと思われる穴が残っている。このデザインは、初期の鉱石受信機によく見られたスタイルである。

本来は蓋があったと思われるが失われている。

(所蔵No.11A072)

LIST


携帯型探り式鉱石受信機 HP. (日本製 1925年頃) メーカ不明

  
  (左) ケースふたを開いたところ (右) パネルを外して裏返したところ

日本製の探り式鉱石受信機。 小型のトランクケース型で、携帯できる構造になっている。

(所蔵No.11A006)

LIST


早川式鉱石セット + MBK受話器 早川金属工業研究所 1926-27年頃

  

 早川徳次は関東大震災でシャープペンシルの事業を失い、大阪に移って早川金属工業研究所を立ち上げ、ラジオの製品化に取り組んだ。
この鉱石ラジオは、その最初に製品化されたものの一つと考えられる。シャープペンシルにちなんでラジオもシャープラジオとする予定であったが、商標登録に時間がかかり、初期の製品には早川の"T"マークがあるのみで、シャープの文字はない。当時としては珍しいアルミパネルが使われているあたりは、金属加工の技術が高かった同社らしい仕上げである。
バリコンとコイルのタップ切替を併用する比較的高級なタイプのセットだが、他社製品に比べて低価格で発売したため、よく売れたという。レシーバは普及品の"MBK"が組み合わされている。

本機の同調ツマミはオリジナルでない。

(所蔵No.11A119)

LIST


メトロフォン(Metrophone)鉱石セット Wakue Works  1927年

  

  

 昭和2年の番組表が貼られているメーカ製の鉱石セット。初期の細長い固定鉱石が使われている。バリコンはなく。コイルの側面を摺動して調整する。本機は未使用品らしく、オリジナルのパッケージに入っていたが、箱のデザインはアメリカ製品をコピーしたように見える。この時代は舶来品らしく見せるために英語で説明が書いているようなものがよく見られる。

(所蔵No.S11004) (柴山 勉コレクション)

LIST


固定鉱石受信機  (日本製 1927年頃)

 

日本製の最も簡単な鉱石受信機。FOXTONに代表される固定鉱石を上のホルダに入れて使用する。日本では放送開始直後によく使用された。バリコンはなく、コイルのタップのみで選局する。キャビネットは粗末で、工作が粗雑であり、素人の組み立てと思われる。

本機は使用部品から1927(昭和2)年頃のものと思われる。鉱石検波器は失われている。

(所蔵No.11482)

LIST


 

固定鉱石式受信機  (日本製 1928年頃)

  

日本製の最も簡単な鉱石受信機。FOXTONに代表される固定鉱石を上のホルダに入れて使用する。日本では放送開始直後によく使用された。バリコンはなく、スパイダーコイルのタップのみで選局する。

本機は使用部品から1928(昭和3)年頃のものと思われる。

(所蔵No.11240)

LIST


固定鉱石受信機  (日本製 1929年頃)

 

 日本製の鉱石受信機。FOXTONに代表される固定鉱石を左上のホルダに入れて使用する。日本では放送開始直後によく使用された。この斜めパネルにホットケーキダイヤルのデザインは最もよく見られるもので、1930年代後半まで製造されていた。

本機は使用部品から1929(昭和4)年頃のものと思われる。

(所蔵No.11502)

LIST


長野放送局開局記念鉱石ラジオ (日本製 1931年) 信濃毎日新聞社

  

 1931年3月8日の日本放送協会長野放送局(JONK)に併せて、地元の新聞社、信濃毎日新聞社が配ったと思われる鉱石受信機。地元に放送局が開局するまでは、東京や名古屋などの遠隔の局を受信するしかなく、高価なラジオが必要で、ラジオの普及の障害となっていた。1931年には、すでに交流式の真空管式受信機が主流となっていたが、放送協会は、地方の放送局設立の目的としてどこでも鉱石受信機で放送を受信できる環境を作るという「全国鉱石化」の旗印をおろしていなかった。

 このセットは、放送局が設置された長野市に近い小諸にあったものという。蓋のラベルから、信濃毎日新聞が開局の記念品として配ったものと思われる。新聞社と放送協会との関係は良くわからないが、記念品として安価であることと、簡単なラジオで地元の放送を聞くことができるという意味で用意されたものと思われる。

 このセットは鉱石受信機としては最も簡単なもので、スパイダーコイルのタップを切り替えることで同調を取るタイプである。さすがに不便になったらしく、バリコンが追加されていた。しばらくの間、実用品として使われたようである。

後から追加されたバリコンは当館で取り外した。

(所蔵No.11925)

LIST


小型固定鉱石受信機 R.S.A. RADIOPRODUCTS 1933年頃

  

 

 宝石箱スタイルの小型鉱石ラジオ。フィルムを使ったセミコンとハネカムコイルが使われていることから、1930年代前半の製品と思われる。折り畳み式の無名の小型レシーバが付属している。すでに真空管ラジオが低価格になって普及していた時代のメーカ製鉱石ラジオである。

本機は、探り式鉱石検波器が付いた状態で発見された。この状態ではふたが閉まらず、明らかにオリジナルでないと判断できるので、同時代の固定鉱石のホルダに交換した。上の写真では、撮影用に、戦後のFOXTON鉱石を付けている。

(所蔵No.11A062)

LIST


レシーバ、付属品、外国製


N&K 両耳式レシーバ  Neufeldt & Kuhnke Kiel (Germany)  1925年頃

  

 ドイツ製のレシーバで、当時数多く輸入された。サイズが大きめで、シンプルな構造だったためか、コピー品も多く作られた。
当時、付属品にも形式証明が必要だったため、形式証明21番が与えられた。

(所蔵No.10069)

LIST


Telefunken EH333型  両耳式レシーバ  Telefunken GmbH (Germany)  1925年頃

 

 ドイツを代表するレシーバ。輸入された本国製のほかに、ライセンスを受けて国産化した日本無線製のものもあった。鉱石受信機時代に広く使われ、形式証明19番が与えられた。後に澤藤製作所で国産化されたSF333型が、戦後まで広く使われた。小型で精密な加工を必要とするためか、無名メーカによるコピー品は少ない。

(所蔵No.10082)

LIST


TEFAG E1383  両耳式レシーバ Telephon Aktiengesellschaft vorm. J. Berliner(Germany)

  

 ドイツを代表するメーカのレシーバ。テレフンケン型に近い構造である。

(所蔵No.10082)

LIST


レシーバ、付属品、日本製


NEC 受話器 (日本電気 1924年) 型式証明 No.2 \14.00

  

 日本電気の両耳型レシーバ。型式証明No.2を取得している。No.1は欠番なので、これが実質的な型式証明第1号である。
当時は、このレシーバのようにラジオの付属品や真空管にも型式証明が要求された。

(個人蔵)

LIST


安中AR-82型レシーバ (安中電機製作所  1925年) 型式証明 No.17


  

 型式証明時代のレシーバ。安中電機製作所(現アンリツ)は、明治時代に36式無線機を納入した日本の無線業界のパイオニアであり、この時代には多くの型式証明を取得したセットを生産した。当時は、このレシーバのようにラジオの付属品や真空管にも型式証明が要求された。

残念ながら片方のユニットのみが残されている。

(所蔵No.10050)

LIST


FORD Radio Receiver メーカ不明 1930年頃

  

 
同じブランドの箱、上の製品と正しい組み合わせかどうかは不明(個人藏)

 日本製の普及品の両耳レシーバ。自動車のフォードと同じロゴが使われているが、自動車会社とは全く関係ない。
レシーバとしては安物である。

この品物には、アメリカ製のPACENTのプラグが付けられている。バンド部分の白い紙は後から付けられたもの。

(所蔵No.10088)

LIST


Telephonken レシーバ  メーカ不明  1930年頃

  

 上記のFordのレシーバと同じ形の安物のレシーバ。ブランドはTelefunkenをもじったもの。本家とは似ても似つかない品質である。

(所蔵No.S10002) (柴山 勉コレクション)

LIST


日本無線 Telefunken Type (後期型)        日本無線電信電話(株) 1932年

  

 日本無線がドイツ、テレフンケンのEH333型レシーバをライセンスを受けて国産化したもの。日本製のテレフンケン型の「正規品」である。日本無線独自の型番でなく、「Telefunken Type」と刻印されているのがおもしろい。刻印以外はオリジナルと全く同じである。

(所蔵No.10093)

LIST


澤藤 SF-48型 Radio Head Set  澤藤製作所 1933年頃

  

国産品を代表するレシーバ。テレフンケン型を国産化したもののひとつである。民生用としては高級品である。澤藤のレシーバはあまり形を変えずに1960年代までアマチュア無線や業務無線の世界で広く使われた。このレシーバにはフォーンジャックが付けられている。鉱石受信機にはチップ端子をターミナルに取り付けることが多い。このようなジャックは真空管式受信機に多く取り付けられていた。電池式受信機の電池を節約するために使われたものか、アマチュアが短波受信機などで使用したものと思われる。

(所蔵No.10088)

LIST


参考文献

 1)社団法人名古屋放送局の成立 浦部信義 メディア史研究 Vol. 20 メディア史研究会編 ゆまに書房
 2)ラヂオ放送の夜明け JOAK東京放送局誕生まで 向後英紀 メディア史研究 Vol. 20 メディア史研究会編 ゆまに書房
 3)日本無線史 第11巻
 4)戦前日本のエレクトロニクス 平本 厚著 ミネルヴァ書房 2010年
 5)Radio Manufacturers of 1920's Vol.1-3, Alan Douglas, Vestal Press (U.S.A.) 1991
 6)雑録 明治の情報通信  鎌田幸蔵著 近代文芸社  2008年 \1,300

         

HOME TOP



















出会いと離別