並四と三ペンの時代
日本の普及型ラジオ

 −1937-39


CONTENTS

欧米の情勢
日本のラジオ事情
並四球受信機
三ペン
再生妨害とその対策
高一、高級なTRF受信機
デザインの傾向
おわりに
参考文献

ラジオ展示室  (更新)            

HOME


欧米の情勢

 アメリカでは放送開始時から一地域に多数の商業放送局が乱立して競争していた。
ヨーロッパでは各国に国営に近い放送局1つだけという体制であったが、文化、言語を共通にする隣国の放送を多数聴取することができた。
このような環境下で欧米では1930年代には選択度、感度に優れたスーパーヘテロダイン受信機やオールウェーブ受信機が量産され、普及した。

TOP

日本のラジオ事情

 昭和10(1935)年、日本のラジオ放送は10年目を迎え、聴取者数は250万を突破した。
ラジオ受信機の生産台数も年間15万台を超え、ラジオ産業も業界として確立していた。
日本のラジオ放送はヨーロッパ型でただひとつ日本放送協会のみが放送を許可され、都市部で2波、地方では一つの波しかなかった。
放送開始時には東京、名古屋、大阪の各中央放送局が当初独立していたため、番組変成も独自に行われていたが、放送開始直後に3つの放送局は政府の指導で合同し、その後の中継網の整備により一部のローカル番組を除いてまったく同じ全国中継の番組が放送されるようになった。
このため同一地域内で多数の放送局を分離受信する必要は無かったし、国内の遠い地域の放送を受信する必要がなくなっていた。
また、日本では言語などの問題から周辺国の放送を聴取する需要は無く、短波受信機の所持は基本的に禁止されていた。

 この環境下ではスーパーヘテロダインなどの高感度、高選択度のラジオは必要が無かった。
また、高性能なラジオが無くては放送を聴けない山間部などでは経済力が低く、高級ラジオを購入することはできなかった。
国民の購買力は低く、ラジオメーカとしても、十分な設備を持たない零細企業が多く、簡単なセットはその能力と市場に見合ったものであった。

日本放送協会は、安価で低性能なラジオで受信できるようサービスエリアを拡大するため放送局の大電力化とローカル局の増設に努めた。
このため日本放送協会は高級受信機の低価格化、普及を望まなかった。
放送協会は交流化したラジオの初期に、鉱石検波+三極管2段増幅や227A-112A-112Bという3球式受信機を推奨したが、これでは低価格ではあっても感度が低すぎて普及しなかった。

TOP

並四球受信機

 こうして国の経済力、工業力、放送局側の方針などのさまざまな要因により、日本では検波+低周波増幅のTRF受信機が主流となった。
その中でもっとも安価で普及した形式が、再生グリッド検波、トランス結合の三極管2段増幅で、整流管を含めて4球のセットである。
当初はすべて三極管で227-226-226(または112A)-112B、1934年に真空管がST型になって27A-26B-26B(または12A)-12Bの構成であった。
1935年には検波管が四極管の24Bに進化し、24B-26B-12A-12Bの構成も見られるようになった。
1937年頃には新型真空管の低価格化によって、低価格の3極管検波のモデルに56が使われるようになり、56-26B-12A-12Bというセットが現れた。
同年、耐圧、出力電流を改善した新型整流管12Fが発売され、価格が12Bと同じだったことから12Bを駆逐した。
戦時下の資材節約から低周波トランスを廃して抵抗結合になると、そのゲイン不足を補うために検波に五極管の57が使われるようになった。
スピーカは8インチ程度のマグネチック・スピーカである。

 この形式の4球受信機は性能は低かったが安価で広く使われた。
ラジオ業界では俗語としてこのラジオのことを「並四」と呼ぶようになった。
当初は1931年頃から「普通四球」と言われるようになり、1935年頃から「並四球」が資料に現れるようになる。
「並四」が一般的になったのは1938年頃と思われる。
当初は業界内の俗語であったが、1940年の公定価格一覧にはコイルなどの部品に対して「並四球型用」と記載されている。
このようにして戦時中にかけて正式な文書にも使われるようになり、正式な用語として認められるようになった。

TOP

三ペン

 同時期に普及した受信機として、同じ再生グリッド検波で低周波段を五極管47Bの抵抗結合とした3球受信機があった。
24B-47B-12Bまたは57-47B-12Fの3球受信機のことを、五極管:ペントードを使うことから「三ペン」と呼んだ。
真空管やトランスが少なく、小型にできる反面、トータルゲインが低くなる欠点があった。このため、三ペンは主に電界強度の高い都市部で使われた。
真空管のコストが高く、凝ったデザインのものが多かったため、三ペン受信機は並四受信機とそれほど変わらない価格であった。
このため、1937年末の東京における150kW大電力放送の試験開始をきっかけとして、1938年頃から旧式な3極管検波、3極管出力の3球セットが、もっとも低価格なセットとして再びカタログに載るのである。

TOP

再生妨害とその対策

 並四と三ペンは音量調節を持たず、再生調整が音量調節を兼ねる。調整は難しく、不安定な粗悪品も多かったことから発振して周囲のラジオに妨害を与える(再生妨害)ことも多く、放送局ではこの対策に苦慮した。
再生をかけすぎないように制御する回路が「無妨害再生受信機」として提唱され、一次流行したが、感度を低下させることになるので普及しなかった。

TOP

高一、高級なTRF受信機

 もう少し高価な受信機としては、高周波増幅段を持つ4球再生受信機があった。
当初24B-24B-47B-12B、後に58-57-47B-12Fの4球式の受信機である。
整流管12Bでは、マグネチックを駆動するのが精一杯だが、1937年に高容量の12Fが発売されるとダイナミックの駆動が可能となり、比較的安価なダイナミック・セットが現れた。
 性能、音質ともに良く、再生妨害も起こしにくかったが、並四受信機の2倍以上の価格のため、台数は少なかった。
このようなセットは「高一」と呼ばれた。
以上の再生式TRF受信機だけで、当時のラジオ生産台数の90%程度を占めていた。
ごくわずかだがスーパー受信機や電蓄、輸出用のオールウェーブ受信機も作られていた。

TOP

デザインの傾向

 デザインとしては1930年代後半になると、縦型のキャビネットも残っていたが主流ではなく、スピーカとダイヤルが横に並んだ横長のキャビネットが流行した。
戦後まで続く家庭用ラジオのデザインの原型ができた時期である。海外のラジオの流行を取り入れてダイヤルが大型化し、航空機用計器のデザインをイメージした「エアプレーンダイヤル」が流行した。

 この時代、日中戦争が激化していたが、日本国内への影響はまだ少なく、軍需の増加により好景気を迎えていた。このため、ラジオのデザインも欧米の流行を取り入れた凝ったデザインが流行した。しかし、次第に戦争による物資の欠乏が目立つようになり、ラジオのデザインは簡素なものになり、低周波トランスを使わずに抵抗結合とした回路が奨励されるようになった。このようなセットを「国策型受信機」と呼んだ。

TOP

おわりに

 欧米にわずか5年の遅れで放送を開始し、技術面もほぼキャッチアップしていた日本のラジオ業界だが、ここに来て大企業がスーパーやオールウェーブ受信機を大量生産するようになっていた欧米と、中小メーカーの「並四」が主流の日本とは大きな差が付くようになった。
この差はこの後の戦争による民生技術の停滞で決定的となり、戦後1950年代後半になるまで追いつけなかった。

TOP

参考

<物価の目安> 1937年(昭和12年)頃
小学校教員の初任給55円、鉛筆1本5銭、電球(60W)1個30銭、もりそば13銭
対ドルレート 1ドル=4円前後

参考文献

「並四球」の成立(T)(U) 平本 厚 科学技術史 第8号/2005.12 ,第9号/2006.10 日本科学技術史学会
ラジオ年鑑 昭和12年、13年、15年 日本放送協会

TOP

当館の所蔵品の中からこの時代の代表的な受信機を紹介する。


HOME TOP


ラジオ展示室

並四受信機 (あいうえお順)

アリア(Aria) R50型               4球再生式受信機   ミタカ電機(株)      1937年頃 

クラウン(Crown) R10号            4球再生式受信機   日本精器(株)      1937年頃 
クラウン(Crown) 480型             4球再生式受信機   日本精器(株)      1938年   \31.00 (認定受信機のファイルへリンク)

コンドル(Condor) 戦勝号           4球再生式受信機   日本通信工業(株)   1938年頃 

シャープ(Sharp) 明聴1号           4球再生式受信機   早川金属工業(株)   1937年  \25.00 
シャープ(Sharp) 明聴2号           4球再生式受信機   早川金属工業(株)   1938年  \30.00 

長商組合型B                   4球再生式受信機   長野ラヂオ商業組合  1937年頃 

ナショナル(National) 国民受信機Z-2型  4球再生式受信機   松下無線(株)      1937年  \22.00 

ナナオラ(Nanaora) 53型            4球再生式受信機    七欧無線電気    1937年  \27.50 

ヘルメス(Hermes) 24A型           4球再生式受信機   大阪無線(株)      1937年  \32.00 (認定受信機のファイルへリンク)
ヘルメス(Hermes) 420C型          4球再生式受信機   大阪無線(株)      1937年  (NEW)
ヘルメス(Hermes) 57A型           並四球受信機     大阪無線(株)      1939年

三球再生式受信機 (あいうえお順)

オリンピック(Olympic)49型           3球再生式受信機   昭和無線工業(株)   1937年頃 

シャープ(Sharp) TM-32型   シャープライト3球再生式受信機   早川金属工業(株)   1937年 \30.00 

テレビアン(Televian) EC-21型        3球再生式受信機    山中電機(株)      1938年頃 

ナショナル(National)国民受信機 新Z-1型 3球再生式受信機    松下無線(株)      1938年 \26.00 

高一受信機 (あいうえお順)

シャープ(Sharp) D-35型            高一ダイナミック4球受信機  早川金属工業(株)   1937年 \56.00 
シャープ(Sharp) 58型              高一付4球受信機       早川金属工業(株)   1937-39年 \55.00 (認定受信機のファイルへリンク)

テレビアン(TELEVIAN) ED-7型       高一付4球受信機       山中電機(株)      1938年頃 

ナショナルシャシー(National) NR-48型    高一付4球受信機       松下無線(株)      1938年 
ナショナル(National) R-4D3型         高一ダイナミック4球受信機 松下無線(株)      1938年 ¥70.00 
ナショナル(National)国民受信機 Z-3型   高一付4球受信機       松下無線(株)      1938年 ¥37.00 (更新)

TRF受信機(外国製受信機)

Emerson #BA199   トランスレス4球高一受信機  Emerson Radio & Phonograph Company(U.S.A.)  1938年 $9.95

HOME TOP


並四受信機


アリア(Aria) R50型 4球再生式受信機 ミタカ電機(株) 1937年頃 

  

 

 戦前期の大手メーカー、ミタカ電機の並四受信機。24B(57S)-26B-12A-12F の構成で金属フレームのマグネチックを駆動する。
キャビネットは厚い板で頑丈に作られ、シャーシの品質も高い。
日本のラジオのよき時代の製品といえる。

本機は、塗装が劣化していたため、表面の塗膜をはがして再塗装してある。

(所蔵No.11590)

リストのTOP


クラウン(Crown) R10号 4球再生式受信機  日本精器(株) 1937年頃

  

 日本精機の並四球受信機。57-27A-12A-12B(12F) の4球で金属フレームのマグネチックを駆動する。
当時流行の「エアプレーンダイヤル」を取り入れている。同社が当時開発していた放送局型3号受信機にデザインやサイズが近い。
このセットは認定品ではないが、認定のスピーカを使っている。

(所蔵No.11148)

リストのTOP


コンドル(Condor) 戦勝号 4球再生式受信機 日本通信工業(株) 1938年頃

  

 

 大正時代から続くコンドルブランドの坂本製作所が合併により日本通信工業となった直後のものと思われるセット。
56-26B-12A-12Fの並四球で、マグネチック・スピーカを駆動する。時代を反映して、勇ましい名前が付いている。
コンドルのラジオ部門は日本通信工業の一部門として存続したが、坂本製作所時代ほどうまくはいかず、戦況の悪化にしたがって本業の通信機に集中するようになり、ラジオからは撤退した。
同社は戦後すぐにラジオに復帰しようとしたが成功せず、通信機専門メーカとして最近まで存続したが、2001年にNECインフロンティアと社名変更し、2006年にNECの完全子会社となった。
現在は1999年に分離、独立した日通工エレクトロニクスが本来のブランドを使用している。

本機はツマミが1個失われていたため、レプリカを取り付けた。

(所蔵No.11778)

リストのTOP


長商組合型B  4球再生式受信機 長野ラヂオ商業組合 1937年頃

  

 

 TUBES: 24B 26B 12A 12F

長野県のラジオ商組合が売出しなどのために特注で作らせたセット。ごく普通の並四級受信機である。
現代で言えばプライベートブランド製品ということである。歳末大売出しなどのときにこのようなセットを目玉商品とすることが良く行われた。
一流メーカが製造することもあったが、この製品は無名メーカの製品のようである。

(所蔵No.11853)

リストのTOP


ナショナル(National) 国民受信機Z-2型 4球再生式受信機  松下無線(株) 1937年 \22.00

  

  

 松下が普及型として作った小型の4球受信機。
27A-26B-12A-12B の構成で、マグネチック・スピーカを駆動する。
同社が「ローリング・ダイヤル」と称した小さな横行ダイヤルが特徴である。
「国民受信機」は、同社の普及型セットに付けられた名称で、戦後の「国民型受信機」とは関係ない。

本機は、裏蓋が失われ、塗装が劣化している他は、ほぼオリジナルを保っている。

(所蔵No.11011)

リストのTOP


シャープ(Sharp) 明聴1号 4球再生式受信機 早川金属工業(株)   1937年 \25.00 

  

  
 「明聴ダイヤル」上が同調、下が再生

 1937年のシャープ製ラジオの中でもっとも安価な機種の一つ。27A-26B-12A-12B の4球でマグネチック・スピーカを駆動する。
型名の「明聴」とは、「明朗聴取」の略で、当時問題となっていた電気器具の雑音や再生妨害による障害を防止するために放送協会を中心に「明朗聴取運動」が行われていた。ラジオメーカには、動作が安定で扱いやすいラジオの生産が求められた。
同社が「明聴ダイヤル」と称した特徴的なダイヤルは、上下2段になっていて、上が同調、下が再生調整を示す。
通常は360度回転してしまう再生調整がダイヤルの可動範囲で制限されるため、無妨害再生となる仕掛けである。
もともと近距離用として感度や音量を上げすぎないようにしているため、検波に三極管が採用されている。

本機は、スピーカがオリジナルでない

(所蔵No.11010)

リストのTOP


シャープ(Sharp) 明聴2号 4球再生式受信機 早川金属工業(株) 1938年 \30.00 

  

  
  「明聴ダイヤル」右が同調、左が再生

 シャープ、明聴シリーズの2号機。56-26B-12A-12F の4球で、マグネチック・スピーカを駆動する。
明聴1号に対してデザインが新しくなり、検波管が旧式の27Aから56に変更された。
ダイヤルは大型になったが、考え方は同じである。再生には普通の豆コンが使われているが、回転をレバーで制限することで無妨害再生としている。
もともと近距離用として感度や音量を上げすぎないようにしているため、検波に三極管が採用されている。

本機はスピーカが失われている。真空管も失われていたので、手持ちのものを取り付けた。

(所蔵No.11760)

リストのTOP


ナナオラ 53型 4球再生式受信機 (七欧無線電気 1937年) \27.50

  

 ナナオラの4球再生式受信機。27A-26B-12A-12B というオール3極管の低価格構成。
流行のエアプレーンダイヤルを採用している。

本機は比較的良い状態でオリジナルが保たれている。

(所蔵No.11517)

リストのTOP


ヘルメス(Hermes) 420C型 4球再生式受信機   大阪変圧器(株) 1937年

   

TUBES: 56 26B 12A 12F

高級機で知られるヘルメスの普及型セット。縦型のキャビネットは古い形だが、セルロイドを使った角形の大型ダイヤルのデザインは新しい。
低コストの三極管検波だが、新型の56を採用して性能を改善している。

(所蔵No.m11016) 旧ふくやまラヂオ博物館コレクション

リストのTOP


ヘルメス(Hermes) 57A型 並四球受信機 大阪無線(株) 1939年

  

  

 

 高級器メーカとして知られる大阪無線の並四球受信機。
セルロイド1枚で直結のシンプルなダイヤル、局型と共通のツマミなど、いわゆる国策型受信機の特徴が見られるが、ヨーロッパ風の洗練されたデザインにまとめている。
57-56-12A-12Fの配列だが、トランス結合でチョークコイルもセオリーどおり使用していて、抵抗結合となる国策型受信機の直前のセットといえる。
良き時代の最後の受信機ではないだろうか。

(所蔵No.11645)

リストのTOP


HOME


三球再生式受信機


オリンピック49型 再生式3球受信機 (昭和無線工業 1937年頃)

  

TUBES: 227 112A 112B

 操作部がスピーカーの横に配置されたデザインのラジオが1930年代後半から多くなってきた。
このセットは227-112A-112Bの3極管検波、3極管増幅という、古いタイプの3球受信機である。
メーカーの昭和無線工業(株)は、現在はコネクタなどの大手部品メーカーとして有名なSMKである。

本機は真空管が27A-12A-12FKに交換されている。

(所蔵No.11542)

リストのTOP


シャープ(Sharp) TM-32型 シャープライト3球再生式受信機 早川金属工業(株) 1937年 \30.00

  

 

TUBES: 24B 47B 12B

 この時代、都会向けに小型の受信機が作られるようになった。
このセットは、シャープが「シャープライト」の商品名で国産化したベークライトを使い、小型にまとめられた受信機である。
デザインは米国Emerson社のmodel126(1936年)に酷似している。
24B-47B-12Bの3球で、5インチ・マグネチックを駆動する。
アメリカではこのくらいのサイズのセットはすでにトランスレスになっていたが、日本ではトランス式のため重い。
国産のプラスチックキャビネットを使ったセットの初期のもの。

(所蔵No.11103)

リストのTOP


ナショナル国民受信機 新Z-1型 3球再生式受信機 松下無線(株) 1938年 \26.00

  

 

TUBES: 57 47B 12B

 松下は、1937年にZ-ではじまる型番の新型受信機を発売し、「国民受信機」と称した。
戦後の国民型受信機とは関係ない単なる商品名である。
シンプルなデザインと安価な価格設定が特徴である。新Z-1型は、このシリーズでは中級の3球ペントードセットである。
前年発表のZ-1型とはスピーカグリルのデザインが異なる。
57-47B-12Bの配列で金属フレームのマグネチックを駆動する。

本機は電源スイッチが失われ、配線が短絡されている。

(所蔵No.11643)

リストのTOP


テレビアン(Televian) EC-21型 3球再生式受信機 山中電機(株) 1938年頃

  

TUBES: 56 12A 12F

 山中電機の普及型受信機。3極管検波、3極管出力の再生式セットである。
このような形式のセットは、交流受信機初期の普及型セットに良く見られたが、スクリーングリッド管、5極管が発売されてからは低感度のため廃れていた。
しかし、1937年末から東京で150kWの大電力放送の試験送信が開始されたことにより、低感度な受信機のサービスエリアが広がった。
また、5極管(ペントード)の価格が高かったために、いわゆる三ペン受信機は並四受信機に比べて割高であった。
このため、低価格セットとして、旧式な3極管検波、3極管出力の回路が再び採用されることになった。
低感度とはいっても、検波管が27Aから56になっているので、一昔前の3球式よりは感度が改善されている。

このセットには、鳥取電灯株式会社の試験証が貼られている。放送所に近い地域で使われていたものと思われる。

(所蔵No.11939)

リストのTOP


高一受信機


シャープ(Sharp) D-35型 高一ダイナミック4球受信機 早川金属工業(株) 1937年 \56.00

  

 早川の中級受信機。24B-24B-47B-12F の高一付4球で5インチ・フィールド型ダイナミックを駆動する。
ダイヤルのデザインはアメリカ、エマーソンのセットに見られたもの。このような大型のエアプレーンダイヤルは日本では珍しい。
本機には、本来ないパイロットランプが付き、スピーカの下に「No.1」という銘板が付いている。
家庭用ではなく、何かの業務用に使われていたと思われる。

(所蔵No.11200)

リストのTOP


テレビアン ED-7型 高一付4球受信機 (山中電機 1938年頃)

  

 戦前期の大手メーカー、山中電機の中級受信機。24B-24B-47B-12F の高一である。
キャビネットは厚い板でしっかり作られ、部品もチョークコイルをきちんと使うなど、まだ設計に余裕が見られる。
しかし、一部には後の国策型受信機につながっていく資材節約の雰囲気が出始めている。
戦前期の良い時代の最後の時期のセットといえる。

 本機は裏蓋が失われている以外はオリジナルが良く保たれている。

(所蔵No.11417)

リストのTOP


ナショナルシャシー(National) NR-48型 高一付4球受信機 松下無線(株) 1938年

   

  

 松下のベストセラー、R-48型を改良してシャーシで販売したもの。24B-24B-47B-12B の構成で、マグネチックを駆動する。
キャビネットに、大阪の大手キャビネットメーカ、オカダケースの製品、スピーカには松下の純正品、ナショナルM-10型を使用している。
このシャーシは、オリジナルのR-48の真空管のレイアウトを変更して過剰なシールドケースを取り去り、一回り小型化している。
シャーシの塗装も、R-48型の黒色に対して、当時松下でシャーシの塗装に標準的に採用されていた茶色に変更されている。
キャビネットのデザインはオリジナルのR-48型に似ているが、サイズは一回り小さい。
1937年末頃の「松下電器全製品型録」では、このシャーシを「AR-48」型と称している。
当時は、完成品のセットに手が出ない顧客のために、シャーシのみの製品が販売されていた。
これに安物のキャビネット、スピーカ、二流メーカの真空管を組み合わせると、ナショナルの完成品の半額でナショナルブランドのラジオを供給できたのである。
このセットは、純正品と同じスピーカに一流メーカのキャビネットを使っているため、かなり高級な組立ラジオといえる。

本機は、戦後まで使われたらしく、真空管が57S、3YP1に交換され、シャーシ内部にも修理された痕跡がある。

(所蔵No.11785)

リストのTOP


ナショナル(National) R-4D3型 高一ダイナミック4球受信機 松下無線(株)  1938年 ¥82.00 

  

 

 松下の高級型高一4球受信機。58-57-2A5-80 の構成で、自社製フィールド型ダイナミックを駆動する。
音質改善のため、57を固定再生のプレート検波として、出力にNFBをかけている。
また、「マジックスイッチ」によって、ダイヤル照明の色を変えることができる。

(所蔵No.11012)

リストのTOP


ナショナル国民受信機 Z-3型 高一付4球受信機 松下無線(株) 1938年 ¥37.00

   

 松下は、1937年にZ-ではじまる型番の新型受信機を発売し、「国民受信機」と称した。
戦後の国民型受信機とは関係ない単なる商品名である。
シンプルなデザインと安価な価格設定がこのシリーズの特徴である。Z-3型は、このシリーズでは高級な高一セットである。
24B-24B-47B-12Bの配列で金属フレームのマグネチックを駆動する。
回路は再生グリッド検波だが、通常の豆コンを使った容量再生ではなく、短波受信機に使われるようなスクリーン電圧を可変抵抗器で変化させる方式を採用しているのが特徴である。

 本機は、ツマミがオリジナルでない他、24B-24Bが、58-57Sに改造されている。

(所蔵No.11314)

Z-3型 改良型3号

  

 Z-3型はキャビネットとシャーシのデザインが変更された。この機種は、台湾放送協会選定ラジオとなった。

本機は、検波部が24Bから27A に改造されている。また、近年の修理跡があるため、この改造がいつ行われたかは不明である。

(所蔵No.11995)

リストのTOP


TRF型受信機 (外国製受信機)


Emerson #BA199 トランスレス4球高一受信機 Emerson Radio & Phonograph Company(U.S.A.) 1938年

  

 アメリカの大手メーカー、エマーソンの小型セット。当時流行のベークライトキャビネットを採用。
キャビネットは1936年のmodel126をマイナーチェンジしたもの。
6D6 - 6C6 - 25L6G - 25Z5 - L55B-G (バラストランプ)のトランスレスで、5インチ・フィールド型ダイナミックを駆動。
ST管を使ったスーパーでないトランスレス受信機の最後期のもの。
白色のバリエーションもあった。

本機は、ダイヤルのカバーと裏蓋が失われている。

(所蔵No.11477)

リストのTOP


HOME TOP

















出会いと離別