Popular Radio Sets with Plastic Cabinet

 - 1960-65 -

 Early 1960’s was last era of tube radio in Japan.
According to the manufacturer’s catalogue, transistor portable radio increased.
Home use set was small sized 5 tube transformer-less set with plastic cabinet.
The models of large Hi-Fi radios were reduced.

 The quality of plastic cabinet progressed and cost was reduced.
Almost of sets had similar line up of tubes except FM model.
Typical line up of tubes was 12BE6-12BA6-12AV6-30A5-35W4(19A3 for magic eye equipped model).
Old fashioned tubes 12BD6, 12AT6, 35C5 were replaced.
Almost model had similar circuit. The new technologies such as printed circuit, bar antenna were used to tube radio.
Deference was only the design of cabinet.

[Index of Prices] 1960 (Unit: JPY)
Starting salary of school teacher: 10,000, Pencil: 10.00, Electric bulb (60W): 65.00, Cigarette (Golden Bat): 30.00
Exchange rate: $1.00 = JPY 360.00

NOTICE:
Gothic is latest updates.
When not mentioned specially, all set are transformer-less super heterodyne, all prices are original retail price.
Japanese terms or company names that is untranslatable are shown in Italics.

HOME


INDEX

"National" Products by Matsushita Electric Industrial Co., Ltd

  DX-485  2 Band 5 tubes  1960  JPY 7,000 
  GX-230  2 Band 5 tubes  1962  
  RE-124  5 tubes  1964
  RE-750D  FM-AM 5 tubes  1964-67  JPY 9,800 

"Sharp" products by Hayakawa Electric Industry Co., Ltd.

  UC-102  2 Band 5 tubes  1962?
  UK-70   2 Band 5 tubes  1963  

"Toshiba"products by Tokyo Shibaura Electric Co., Ltd.

  5YC426 "KanariyaGS" 2 Band 5 tubes     1961?  
  7FM-10            3Band with FM 7 tubes 1962-63  JPY 14,800

"General" prodcts by Yaou Radio MFG. Co., Ltd.
  MB201L/R  for Stereo 5 tubes  1962?
  5MA-826  2 Band 5 tubes  1962  
  6MA246   2 Band 5 tubes  1963?

"Sanyo" products by Sanyo Electric Co. Ltd.

  SF-41  2 Band 5 tubes 19628  JPY 7,300 

"Victor" products by Victor Company of Japan

  5A-2206AB  2 Band 5 tubes  1960  JPY 7,100 
  5A-245 SCHOOL RADIO 2 Band 5 tubes  1965  

"Columbia" products by Nippon Columbia Co. Ltd.

  Model unknown 2 Band 5 tubes  1962?  

"Hitachi" products by Hitachi Ltd.,

  S-541  2 Band 5 tubes  1965?  

"Mitsubishi" products by Mitsubishi Electric Co.,Ltd.

  6P-616  3Band with FM 6 tubes 1963

"Onkyo" products by Osaka Onkyo Co., Ltd.

  OS-195  2 Band 5 tubes  1963?  

Other Manufacturer's products
  


"National" Products by Matsushita Electric Industrial Co., Ltd


 DX-485  2 Band 5 tubes  1960  JPY 7,000

   

TUBES: 12BE6-12BA6-12AV6-30A5-35W4

 中級の2 Band 5 tubes 。10cmスピーカ2個を駆動する。
ステレオの流行に合わせて、このような2スピーカのラジオが流行した。スピーカはパラになっているだけである。
構造を簡単にするためシャーシは垂直に配置された平板1枚となっている。
シャーシがGX-230 と共通であることがわかる。中身が標準化され、キャビネットの違いでのみ差別化していた製品の作り方がよくわかる。

Appeard on the magazine "Musen to Jikken"(The Radio Experimenter's Magagine) 6/1960 published by Seibundo-Shinkosha

(Collection No.11251)

TOP


 GX-230  2 Band 5 tubes  1962

   

TUBES: 12BE6-12BA6-12AV6-30A5-35W4, 10cm Speaker

 One of standard 2band radio set in Japan. Vertical chassis equipped ear phone jack and external pick up input terminal.

(Collection No.11654)

TOP


 RE-124  5 tubes  1964

  

TUBES: 12BE6-12BA6-12AV6-30A5-35W4

 真空管ラジオとして最後期の製品の一つ。NATIONAL PANASONIC ブランドを使用している。
12BE6-12BA6-12AV6-30A5-35W4 の中波5 tubes 。
プリント基板、バーアンテナを使用し、直結のツマミの位置を合わせるために基板を斜めに配置している。
このようなレイアウトは同時期のアメリカ製の廉価ラジオに良く見られた。
最も廉価版のラジオといってよい。 

(Collection No.11419)

TOP


RE-750D  FM-AM 5 tubes  1964-67  JPY 9,800

   

TUBES: 17EW8 - 12BE6 - 12BA6 - 12AV6 - 30A5,
SEMICONDUCTOR: Diodes used for FM detector and rectifier.

最後期の5 tubes の一つ、
書体は後のものと異なるが輸出用のパナソニックブランド併記となり、短波は外されて現在でも普通に見られるFM-AMとなっている。
バーアンテナにプリント基板という、トランジスタラジオの技術が使われている。
また、FMマルチプレックスアダプタ端子と録音出力端子が設けられている。

(Collection No.11086)

TOP


"Sharp" products by Hayakawa Electric Industry Co., Ltd.


  UC-102  2 Band 5 tubes  1962?

  

Tubes: 12BE6-12BA6-12AV6-35C5-35W4

 少し大きめの中級5 tubes 。
イヤホン端子、ピックアップ端子を備える。垂直 シャーシで合理的な構造になっている。

(Collection No.11436)

TOP


UK-70   2 Band 5 tubes  1963  

  

TUBES: 12BE6-12BA6-12AV6-35C5-35W4, 10cm speaker (Sharp Model 10P-46F)

 真空管ラジオとしては最後期の普及 5 tubes 。
イヤホン端子を備えるが、ピックアップ端子はない。垂直 シャーシで合理的な構造になっている。

(Collection No.11248)

TOP


"Toshiba"products by Tokyo Shibaura Electric Co., Ltd.


5YC426 "Kanariya GS" 2 Band 5 tubes  1961?

  

TUBES: 12BE6-12BA6-12AV6-30A5-35W4

 標準的な回路、サイズの2 Band 5 tubes 。同社の"バード・シリーズ"のひとつ。
このシリーズは、鳥のサイズとラジオのサイズを合わせて命名されていた。
小 のプラスチックラジオは"Kanariya"であった。ちなみにサイズが大きくなると"うぐいす""かっこう""めじろ"となった。
平凡な回路だが、キャビネットは当時の現代建築を思わせる個性的なデザインである。

(Collection No.11266)

TOP


7FM-10  3Band with FM 7 tubes 1962-63  JPY 14,800

  

TUBES, 12DT8-12DT8-12BA6-12BE6-12BA6-12AV6-30A5, SEMICONDUCTORS: 1N60 Se-rectifier

 FM付の比較的大 のプラスチックラジオ。FMのバンドは現在と同じ76-90Mcとなっている。

(Collection No.11630)

TOP


"General" prodcts by Yaou Radio MFG. Co., Ltd.


MB201L/R  5 tubes for Stereo (1962? )

  
  MB201L                                             MB201R
  

TUBES: 12BE6-12BA6-12AV6-30A5-35W4

 回路的には特徴のない12BE6-12BA6-12AV6-30A5-35W4 の5 tubes だが、左右対象になったL とR が用意されている。
このセットは中波2波を用いるステレオ放送用ラジオである。L用は中波のみとなっている。
キャビネット、シャーシは共通の部材で作れるように工夫されている。
中波2波ステレオ放送はNHK第1、第2など2波を同時に用いてL/Rの信号をそれぞれの電波に乗せて送信し、受信側はラジオを2台用意して聴取するというものである。
1954 に"立体音楽堂"として定期番組が開始され、民放2つが共同で放送するものやテレビ、ラジオの同時ステレオなどいろいろな試みがなされたが、FMステレオ放送が本格的に開始されることでその役目を終えた。
ステレオ電蓄やアンプには2組のAMチューナを備えたものが良く見られたが、小 ラジオのステレオは珍しい。

L のキャビネット後部に破損が見られる。

(Collection No.11447/11759)

TOP


5MA-826  2 Band 5 tubes  1962

  

TUBES: 12BE6-12BA6-12AV6-30A5-35W4

 プラスチックラジオとしては大 のラジオ。ステレオを意識した2スピーカ構成。
12BE6-12BA6-12AV6-30A5-35W4 のごく普通の構成である。長いパネルに合わせて複雑なシャーシの構造になっている。
キャビの天板の裏に銀紙を貼ってアンテナとしている。

(Collection No.11735)

TOP


6MA246  2 Band 5 tubes  1962?

  

TUBES: 12BE6-12BA6-32A8-32A8-6ME10, SEMICONDUCTORS: 1N34 HR24

 幅50cmもある大 のプラスチックラジオ。ステレオを意識した2スピーカ構成。
出力はプッシュプルになっていて、目いっぱいのサイズの楕円コーンスピーカを駆動する。
パネルにも表示があるがハイファイを意識したプラスチックラジオである。

 Large knob at right side was un-original

(Collection No.11508)

TOP


"Sanyo" products by Sanyo Electric Co. Ltd.


 SF-41  2 Band 5 tubes 1962  JPY 7,300

  
  
TUBES: 12BE6-12BA6-12AV6-30A5-35W4

 中級の2 Band 5 tubes 。
ステレオの流行に合わせて、このような2スピーカのラジオが流行した。スピーカはパラになっているだけである。
この頃には対米輸出が盛んになっていた。アメリカの安全基準に合わせてキャビネットを外すとACコードが抜ける構造になっている。

(Collection No.11079)

TOP


"Victor" products by Victor Company of Japan


5A-2206AB  2 Band 5 tubes  1960  JPY 7,100

  

TUBES: 12BE6-12BA6-12AV6-35C5-35W4

 ビクターの小 トランスレス5 tubes 。
同社としては低価格の商品だが、他社と比べると高めである。

(Collection No.11141)

TOP


5A-245 SCHOOL RADIO 2 Band 5 tubes  1965

  

  

TUBES: 12BE6-12BA6-12AV6-30A5-35W4

 学校放送用の5 tubes 。
回路はごく普通だが、録音出力、外部スピーカ端子を備える点が家庭用のセットと異なる。
家庭用のセットよりスピーカが大きく、キャビネットも分厚く、丈夫に作られている。
本機は実際に小学校で使われていたらしく、裏蓋に購入 と学級名が記入されている。
テレビによる教育放送が普及してからはラジオによる学校放送は主流ではなくなり、ラジオの教育放送は語学講座や補習など、個人向けの番組中心となった。
このセットは、真空管ラジオとしても最後期のものであり、ラジオが教育放送の中心であった最後の時代のものでもある。

(Collection No.11642)

TOP


"Columbia" products by Nippon Columbia Co. Ltd.


Model unknown 2 Band 5 tubes  1962?

  

 

 コロムビアの2 Band トランスレス5 tubes 。12BE6-12BA6-12AV6-30A5-35W4 の標準的な構成。
安全に配慮して裏蓋を持たない構造になっている。
ポータブルではないが、背面に持ち手になるくぼみが造られ、移動しやすいデザインになっている。

本機は表示が失われているため 番が不明である。

(Collection No.11286)

TOP


"Hitachi" products by Hitachi Ltd.,


S-541  2 Band 5 tubes  1965?

 

TUBES: 12BE6-12BA6-12AV6-30A5-35W4

 真空管ラジオ最後期の5 tubes 。HITACHIのロゴが新しくなっている。
同社はこの後、少し小 のトランジスタ化されたルームラジオを継続販売する。

TOP


"Mitsubishi" products by Mitsubishi Electric Co.,Ltd.


6P-616  3Band with FM 6 tubes 1963?

  

TUBES: 17EW8 - 12BA6 - 12BE6 - 12BA6 - 19T8 - 30A5
SEMICONDUCTOR: Diodes used for FM detector and rectifier.

 FM付の3バンドスーパー。この頃になると、小型 のプラスチックセットにもFM付のものが増えてくる。

(Collection No.11347)

TOP


"Onkyo" products by Osaka Onkyo Co., Ltd.


 OS-195  2 Band 5 tubes  1963?

  

TUBES: 12BE6-12BA6-12AV6-35C5-35W4

 スピーカで知られるオンキョーの2 Band トランスレス5 tubes 。
オーディオメーカらしい特徴は特に無い。この時代のオンキョーは、家電メーカを夢見ていたらしく、一般向けのテレビ、ラジオを生産していた。
特にテレビの生産にこだわり続けたことが後 経営危機を迎える原因となった。
現在と同じミニプラグのイヤホン端子と、ピックアップ端子を備える。

TOP


Other Manufacturer's products


 

TOP


HOME


出会いと離別