プラスチックラジオの普及

 - 1960-65 (昭和35-40年) -

 真空管ラジオの最後の時代である1960年代前半の商品構成を見ると、トランジスタラジオの種類が増え、据え置き型の真空管ラジオはプラスチック製の小型セットが主流となった。
オーディオ機器的な要素を持つ大型のハイファイ型ラジオは1963年頃になると小型ステレオの普及により、あまり見られなくなってくる。

 化学工業、成形技術の発展によりプラスチックキャビネットは品質が向上し、低コストになった。
また、トランスレス用mT管の普及により、小型セットの回路構成は短波付きmT管トランスレス5球スーパーとなった。
真空管の配列は大半が12BE6-12BA6-12AV6-30A5-35W4である。
旧式の12BD6, 12AT6, 35C5は使われなくなってきている。
マジックアイを備えるものは整流管に19A3を使用するが、小型のプラスチックラジオには少ない。
回路構成はどのメーカーのものでもほとんど同じでキャビネットのデザイン以外特に個性はない。
トランジスタラジオの技術を応用してバーアンテナやプリント基板を使用したものもある。
サイズは、10cm程度のスピーカを備えた幅30cm程度の小型のものが大半で、大型のプラスチックラジオは見られなくなっている。
当初は短波と中波の2バンドオールウェーブが主流だったが、1963年頃にはFM付きの3バンドのモデルが増え、最後は短波が落とされて現在でも良く見られるAM-FMのモデルと廉価なAMのみのモデル構成となった。

参考

<物価の目安> 
1960年(昭和35年)頃
小学校教員の初任給10,000円、鉛筆1本10円、電球(60W)1個65円、もりそば1杯40円

対ドルレート 1ドル=360円

ここでは国産プラスチックラジオを、当館の所蔵品からメーカー別に紹介します。特に記述が無い場合、方式はトランスレスです。

HOME


メーカー別目次

ナショナル製品 松下電器産業(株)
  
  AM-380型        2バンド5球スーパー          1959年 
  AM-390 "カップル"  2スピーカー2バンド5球スーパー  1959年   \9,950 
  AM-390GE型      2スピーカー2バンド5球スーパー  1960年  \10,500 
  DX-485型        2バンド5球スーパー          1960年   \7,000 
  DX-365型        2バンド5球スーパー          1960年   \8,000 
  DX-410型       5球スーパー               1960年   \4,980 
  DU-401A型       5球スーパー(輸出用)         1960年        
  GX-230型        2バンド5球スーパー          1962年 
  RE-124型        5球スーパー               1964年
  RE-750D型       FM-AM 5球スーパー         1964-67年 \9,800 

シャープ製品  早川電機工業(株)

  UC-102型 2バンド5球スーパー 1962年頃
  UK-70型  2バンド5球スーパー 1963年 

東芝製品    東京芝浦電気(株)

  「かなりやZS」          2バンド5球スーパー    1960年頃 
  5YC426型「かなりやGS」   2バンド5球スーパー    1961年頃 
  5YC-608型「かなりやQ」   2バンド5球スーパー     1962年    \5,300 
  5YC-556型「かなりやPS」  2バンド5球スーパー    1962年    \6,300 
  7FM-10型            FM付7球3バンドスーパー 1962-63年 \14,800

ゼネラル製品  八欧電機(株)

  MB201L/R型 ステレオ用5球スーパー 1962年頃
  5MA-826型 2スピーカ・2バンドハイファイ5球スーパー 1962年 
  6MA246型 2スピーカ・2バンドハイファイ5球スーパー 1963年頃

サンヨー製品  三洋電機(株)

  SF-21型 2バンド5球スーパー 1960年 \5,700 (NEW)
  SF-41型  2バンド5球スーパー 1962年 \7,300 

ビクター製品  日本ビクター(株)

  5A-2206AB型         2バンドトランスレス5球スーパー 1960年 \7,100 
  5A-245 SCHOOL RADIO 2バンド5球スーパー         1965年 

コロムビア製品 日本コロムビア(株)

  型番不明 2バンド5球スーパー 1962年頃 

日立製品    (株)日立製作所

  S-541型 2バンド5球スーパー 1965年頃 

三菱製品    三菱電機(株)

  6P-616型 FM付6球3バンドスーパー 1963年

オンキョー製品  大阪音響(株)

  OS-195型 2バンド5球スーパー 1966-67年 \5,800

富士電機製品  富士電機製造(株)

  TRV-352型 FM付3バンド6球スーパー 1963年頃 

その他のメーカー
  
  ECHO    5球スーパー メーカ不明 1961-64年頃 (加筆訂正)
  President  5球スーパー メーカ不明 1964年頃 


ナショナル製品 松下電器産業(株)


AM-380型 2バンド5球スーパー 1959年

  

TUBES: 12BE6 12BA6 12AV6 30A5 19A3 12ZE8 3 X 10" Oval Cone Permanent Dynamic Speaker (National Model E-1011SA)

 スペースが限られるテレビ用に開発された3X10インチの楕円コーンスピーカを採用した中型セット。
細長いスピーカを生かして背が低いデザインを実現している。

(所蔵No.m11041) 須坂市 伊藤様寄贈

リストのトップ


AM-390型 "カップル" 2スピーカー2バンド5球スーパー 1959年   \9,950

  

TUBES: 12BE6 12BA6 12AV6 30A5 19A3 12ZE8 2X 12cm Permanent Dynamic Speaker (National Model P-5143)

 ステレオの流行に合わせて、モノラルながらスピーカを左右に2個配置したデザインのセットが流行する先駆けとなったセット。
皇太子御成婚に合わせて発売された、あやかり商品の一つで、2スピーカにかけて「カップル」と命名された。
マジックアイが付いた大きめのキャビネットを使いながら、1万円を切る、若い新婚家庭でも買いやすい価格設定となっていた。
これ以降、2スピーカのプラスチックラジオが流行した。本機は翌60年にはAM-390G型にモデルチェンジされた。

(所蔵No.11919)

リストのトップ


AM-390GE型 2スピーカー2バンド5球スーパー 1960年 \10,500 

  

TUBES: 12BE6 12BA6 12AV6 30A5 19A3 12ZE8 2X 12cm Permanent Dynamic Speaker (National Model P-5143)

AM-390型をマイナーチェンジしたモデル。キャビネットは全面的に変更されているが、中身は同じである。
微妙にデザインが異なるAM-390G(\9,950)が基本モデルで、この末尾に"E"が付くモデルは月賦販売用に用意されたもの。
プラスチックラジオとしては大型で上級のモデルである。

(所蔵No.11072)

リストのトップ


 DX-485型 2バンド5球スーパー 1960年 \7,000

   

TUBES: 12BE6 12BA6 12AV6 30A5 35W4、Permanent Dynamic Speaker

 中級の2バンド5球スーパー。標準的な構成で10cmスピーカ2個を駆動する。
ステレオの流行に合わせて、このような2スピーカのラジオが流行した。スピーカはパラになっているだけである。
構造を簡単にするためシャーシは垂直に配置された平板1枚となっている。
シャーシがGX-230型と共通であることがわかる。中身が標準化され、キャビネットの違いでのみ差別化していた製品の作り方がよくわかる。

掲載誌:無線と実験 1960.6

(所蔵No.11251)

リストのトップ


 DX-365型 2バンド5球スーパー 1960年  \8,000

  

 

TUBES: 12BE6 12BA6 12AV6 30A5 35W4、Permanent Dynamic Speaker

 中級の2バンド5球スーパー。標準的な構成で10cmスピーカ2個を駆動する。
ステレオの流行に合わせて、このような2スピーカのラジオが流行した。スピーカはパラになっているだけである。
構造を簡単にするためシャーシは垂直に配置された平板1枚となっている。
DX-485型の上位機種になり、こちらには、下位機種にない音質調整が付く。

(所蔵No.m11028) 旧ふくやまラヂオ博物館コレクション

リストのトップ


 DX-410型 5球スーパー 1960年 \4,980

  

 TUBES: 12BE6 12BA6 12AV6 30A5 35W4, BC: 535-1605kc, 10cm P.D.SP (National P-409RA)

 当時のナショナルラジオの中で最も安価な中波専用モデル。輸出用モデルとして、DU-401型があった。
裏蓋やラベルの表記が日本語で、100Vに対応した真空管が使われているほか、輸出用と国内用に大きな違いはない。
この機種は、コストダウンのためにプリント基板が採用され、自動組立機で生産されたという。
そろそろ日本が人件費の安さだけで勝負できなくなりはじめたということだろう。
ボリュームと同調つまみしかないシンプルなセットだが、パーソナル・ユースを考慮しているためか、イヤホン端子は備えている。

掲載誌:無線と実験1960.4(DX-410)

(所蔵No.11A028)  

リストのトップ


 DU-401A型 5球スーパー(輸出用) 1960年

  

 TUBES: 12BE6 12BA6 12AV6 50C5 35W4, BC: 535-1605kc, AC117V 50/60c/s

 当時のナショナルラジオの中で最も安価な中波専用モデル。ここで紹介するDU-401型は120V地域向けの輸出用モデルである。
国内向けにはマークや真空管のヒータ電圧が異なるほぼ同じものがDX-410型として¥4,950で販売された。
この機種には、「Panasonic」ではなく「National」ブランドが使われ、アメリカの法規に適合していない部分があることから、北米以外の117V地域向けと思われる。
この機種は、コストダウンのためにプリント基板が採用され、自動組立機で生産されたという。

(所蔵No.m11015)  旧ふくやまラヂオ博物館コレクション

リストのトップ


 GX-230型 2バンド5球スーパー 1962年

   

 ごく標準的な2バンドトランスレス5球スーパー。
12BE6-12BA6-12AV6-30A5-35W4 で10cmスピーカを駆動する。
垂直型のシャーシを使用。

(所蔵No.11654)

リストのトップ


 RE-124型 5球スーパー 1964年

  

 真空管ラジオとして最後期の製品の一つ。NATIONAL PANASONIC ブランドを使用している。
12BE6-12BA6-12AV6-30A5-35W4 の中波5球スーパー。
プリント基板、バーアンテナを使用し、直結のツマミの位置を合わせるために基板を斜めに配置している。
このようなレイアウトは同時期のアメリカ製の廉価ラジオに良く見られた。
最も廉価版のラジオといってよい。 

(所蔵No.11419)

リストのトップ


RE-750D型 FM-AM 5球スーパー 1964-67年 \9,800

   

最後期の5球スーパーの一つ、
書体は後のものと異なるが輸出用のパナソニックブランド併記となり、短波は外されて現在でも普通に見られるFM-AMとなっている。
17EW8 - 12BE6 - 12BA6 - 12AV6 - 30A5の真空管の他、FM検波と整流にはダイオードが使われている。
バーアンテナにプリント基板という、トランジスタラジオの技術が使われている。
また、FMマルチプレックスアダプタ端子と録音出力端子が設けられている。

(所蔵No.11086)

リストのトップ


シャープ製品  早川電機工業(株)


  UC-102型 2バンド5球スーパー 1962年頃

  

 少し大きめの中級5球スーパー。12BE6-12BA6-12AV6-35C5-35W4。
イヤホン端子、ピックアップ端子を備える。垂直型シャーシで合理的な構造になっている。

(所蔵No.11436)

リストのトップ


UK-70型  2バンド5球スーパー 1963年 

  

 真空管ラジオとしては最後期の普及型5球スーパー。
12BE6-12BA6-12AV6-35C5-35W4の構成で自社製10cm パーマネント・ダイナミック 10P-46F型を駆動する。
イヤホン端子を備えるが、ピックアップ端子はない。垂直型シャーシで合理的な構造になっている。

(所蔵No.11248)

リストのトップ


東芝製品    東京芝浦電気(株)


「かなりやZS」 2バンド5球スーパー 1960年頃

  

TUBES: 12BE6-12BA6-12AV6-30A5-35W4, BC:535-1605kc, SW: 3.9-12Mc

 この頃、ステレオの流行によってモノラルのラジオやテレビにも2スピーカのモデルが流行した。
このセットは、一見2スピーカ式のように見えるが、実はスピーカは片側にしかない。
コストダウンのためであろうが、商道徳という点でいかがなものだろうか。
キャビネットを裏から見ると、片側のスピーカの取りつけねじの位置に、取りつけボスの跡らしき形状が見られる。
本来は2スピーカ式として設計されたもののように思われる。
シャーシは、整流管がACコードと反対側の、バリコンのすぐ横にあるという奇妙な配置となっている。

(所蔵No.m11014) 旧ふくやまラヂオ博物館コレクション

リストのトップ


5YC426型「かなりやGS」 2バンド5球スーパー 1961年頃

  

 標準的な回路、サイズの2バンド5球スーパー。同社の「バード・シリーズ」のひとつ。
このシリーズは、鳥のサイズとラジオのサイズを合わせて命名されていた。
小型のプラスチックラジオは「かなりや」であった。ちなみにサイズが大きくなると「うぐいす」「かっこう」「めじろ」となった。
12BE6-12BA6-12AV6-30A5-35W4 の平凡な回路だが、キャビネットは当時の現代建築を思わせる個性的なデザインである。

(所蔵No.11266)

リストのトップ


5YC-608型「かなりやQ」 2バンド5球スーパー 1962年 \5,300

  

TUBES: 12BE6-12BA6-12AV6-30A5-35W4, BC:535-1605kc, SW: 3.9-12Mc

 1962年の東芝のラインナップの中でもっとも安価なモデル。ごく平均的で平凡なトランスレス5球スーパーである。
デザインもごく平凡でこの時代のラジオの代表的なデザインといってよい。

(所蔵No.m11010) 旧ふくやまラヂオ博物館コレクション

リストのトップ


5YC-556型「かなりやPS」 2バンド5球スーパー 1962年 \6,300

  

TUBES: 12BE6-12BA6-12AV6-30A5-35W4, BC:535-1605kc, SW: 3.9-12Mc

 この頃、ステレオの流行によってモノラルのラジオやテレビにも2スピーカのモデルが流行した。
これは、2スピーカ式のラジオの中では最も小型のモデルである。

(所蔵No.m11011) 旧ふくやまラヂオ博物館コレクション

リストのトップ


7FM-10型 FM付7球3バンドスーパー 1962-63年 \14,800

  

 FM付の比較的大型のプラスチックラジオ。FMのバンドは現在と同じ76-90Mcとなっている。
真空管は12DT8-12DT8-12BA6-12BE6-12BA6-12AV6-30A5 の7球と、FM検波用の1N60および電源整流にセレン整流器を使用している。

(所蔵No.11630)

リストのトップ


ゼネラル製品    八欧電機(株)


MB201L/R型 ステレオ用5球スーパー (1962年頃)

  
  MB201L                                             MB201R
  

 回路的には特徴のない12BE6-12BA6-12AV6-30A5-35W4 の5球スーパーだが、左右対象になったL型とR型が用意されている。
このセットは中波2波を用いるステレオ放送用ラジオである。L用は中波のみとなっている。
キャビネット、シャーシは共通の部材で作れるように工夫されている。
中波2波ステレオ放送はNHK第1、第2など2波を同時に用いてL/Rの信号をそれぞれの電波に乗せて送信し、受信側はラジオを2台用意して聴取するというものである。
1954年に「立体音楽堂」として定期番組が開始され、民放2つが共同で放送するものやテレビ、ラジオの同時ステレオなどいろいろな試みがなされたが、FMステレオ放送が本格的に開始されることでその役目を終えた。
ステレオ電蓄やアンプには2組のAMチューナを備えたものが良く見られたが、小型ラジオのステレオは珍しい。

L型のキャビネット後部に破損が見られる。

(所蔵No.11447/11759)

リストのトップ


5MA-826型 2スピーカ・2バンドハイファイ5球スーパー 1962年

  

 プラスチックラジオとしては大型のラジオ。ステレオを意識した2スピーカ構成。
12BE6-12BA6-12AV6-30A5-35W4 のごく普通の構成である。長いパネルに合わせて複雑なシャーシの構造になっている。
キャビの天板の裏に銀紙を貼ってアンテナとしている。

(所蔵No.11735)

リストのトップ


6MA246型 2スピーカ・2バンドハイファイ5球スーパー 1962年頃

  

 幅50cmもある大型のプラスチックラジオ。ステレオを意識した2スピーカ構成。
真空管は12BE6-12BA6-32A8-32A8-6ME10 で、検波は1N34、整流にHR24のダイオードが使われている。
出力はプッシュプルになっていて、目いっぱいのサイズの楕円コーンスピーカを駆動する。
パネルにも表示があるがハイファイを意識したプラスチックラジオである。

 右端の大きなツマミはオリジナルではない。

(所蔵No.11508)

リストのトップ


サンヨー製品    三洋電機(株)


 SF-21型 2バンド5球スーパー 1960年 \5,700 

  

TUBES: 12BE6 - 12BA6 - 12AV6 - 30A5 - 35W4

最も安価な5球スーパーの一つだが、ピックアップ端子などの最低限のアクセサリは付いている。
デザインは無難にまとめられた典型的なものといえる。パネルにパーソナルスーパーとあるように2台目需要を見込んだ製品である。
低コストにできる垂直型シャーシを採用している。

(所蔵No.11069)

リストのトップ



 SF-41型  2バンド5球スーパー 1962年 \7,300

  
  
 中級の2バンド5球スーパー。12BE6-12BA6-12AV6-30A5-35W4 の構成である。
ステレオの流行に合わせて、このような2スピーカのラジオが流行した。スピーカはパラになっているだけである。
この頃には対米輸出が盛んになっていた。アメリカの安全基準に合わせてキャビネットを外すとACコードが抜ける構造になっている。

(所蔵No.11079)

リストのトップ


ビクター製品    日本ビクター(株)


5A-2206AB型 2バンドトランスレス5球スーパー 1960年 \7,100

  

 ビクターの小型トランスレス5球スーパー。12BE6-12BA6-12AV6-35C5-35W4の構成。
同社としては低価格の商品だが、他社と比べると高めである。

(所蔵No.11141)

リストのトップ


5A-245 SCHOOL RADIO 2バンド5球スーパー 1965年

   

   

 学校放送用の5球スーパー。
回路は12BE6-12BA6-12AV6-30A5-35W4 のごく普通のものだが、録音出力、外部スピーカ端子を備える点が家庭用のセットと異なる。
家庭用のセットよりスピーカが大きく、キャビネットも分厚く、丈夫に作られている。
本機は実際に小学校で使われていたらしく、裏蓋に購入年と学級名が記入されている。
テレビによる教育放送が普及してからはラジオによる学校放送は主流ではなくなり、ラジオの教育放送は語学講座や補習など、個人向けの番組中心となった。
このセットは、真空管ラジオとしても最後期のものであり、ラジオが教育放送の中心であった最後の時代のものでもある。

(所蔵No.11642)

リストのトップ


コロムビア製品    日本コロムビア(株)


型番不明 2バンド5球スーパー 1962年頃

  

 

 コロムビアの2バンドトランスレス5球スーパー。12BE6-12BA6-12AV6-30A5-35W4 の標準的な構成。
安全に配慮して裏蓋を持たない構造になっている。
ポータブルではないが、背面に持ち手になるくぼみが造られ、移動しやすいデザインになっている。

本機は表示が失われているため型番が不明である。

(所蔵No.11286)

リストのトップ


日立製品    (株)日立製作所


S-541型 2バンド5球スーパー 1965年頃

 

 真空管ラジオ最後期の5球スーパー。HITACHIのロゴが新しくなっている。
12BE6-12BA6-12AV6-30A5-35W4 の標準的な構成。
同社はこの後、少し小型のトランジスタ化されたルームラジオを継続販売する。

リストのトップ


三菱製品    三菱電機(株)


6P-616型 FM付6球3バンドスーパー 1963年頃

  

 FM付の3バンドスーパー。17EW8 - 12BA6 - 12BE6 - 12BA6 - 19T8 - 30A5の構成で、FM検波と整流にはダイオードが使われている。
この頃になると、小型のプラスチックセットにもFM付のものが増えてくる。

(所蔵No.11347)

リストのトップ


オンキョー製品 大阪音響(株)


 OS-195型 2バンド5球スーパー 1966-67年 \5,800

  

TUBES: 12BE6-12BA6-12AV6-35C5-35W4

 スピーカで知られるオンキョーの2バンドトランスレス5球スーパー。
オーディオメーカらしい特徴は特に無い。この時代のオンキョーは、家電メーカを夢見ていたらしく、一般向けのテレビ、ラジオを生産していた。
特にテレビの生産にこだわり続けたことが後年経営危機を迎える原因となった。
最後まで生産された5球スーパーの一つである。
現在と同じミニプラグのイヤホン端子と、ピックアップ端子を備える。

(所蔵No.11259)

リストのトップ


富士電機製品  富士電機製造(株)


TRV-352型 FM付3バンド6球スーパー 1963年頃

  

TUBES: 17EW8 - 12BE6 - 12BA6 - 12BA6 - 12AV6 - 30A5, BC:535-1605kc,SW:3.8-12Mc,FM:76-90Mc
Diodes: 2-1S446 SM-150a

1960年代に家電に進出した富士電機のFM付トランスレススーパー。FM検波と電源整流にはダイオードが使われている。
同調指示にはマジックアイではなく、ランプが使われている。
同社は家電に進出したものの販売力が弱く、1970年代には撤退することになる。

(所蔵No.11166)

リストのトップ


その他のメーカー


ECHO 5球スーパー メーカ不明 1961-64年頃 (輸出用)

  
  初期型?

  
  後期型?

TUBES: 12BE6 12BA6 12AV6 50C5 35W4

 対米輸出用の小型5球スーパー。真空管の構成は一般的なものだが、周波数変換、中間周波段は非同調となっている。
このためバリコンは単連、IFTは1個だけという簡略化されたものである。
セット本体は日本製だが、真空管はアメリカ製のものが使われている。
このような小型の5球スーパーは輸出用として多く作られたが、一部はラジオ雑誌の広告などを通じて国内向けにも販売された。
この機種は、デザインやシャーシ構造が異なる2種類が確認されている。

(所蔵No.11990 / 11940)

リストのトップ


President 5球スーパー メーカ不明 1964年頃

   

TUBES: 12BE6 12BA6 12AV6 35C5 35W4

 安価な小型5球スーパー。真空管の構成は一般的なものだが、周波数変換、中間周波段は非同調となっている。
この簡略化の欠点をバーアンテナの採用で補っているように思われる。
このためバリコンは単連、IFTは1個だけという簡略化されたものである。
このような小型の5球スーパーは輸出用として多く作られたが、一部はラジオ雑誌の広告などを通じて国内向けにも販売された。

(所蔵No.11940)

リストのトップ


HOME




















出会いと離別