真空管式ポータブルラジオの離陸
-ラジオ輸出の始まり-
The Growth of Japanese Portable Reciever
1950-1958


CONTENTS

解説編

国産ポータブルの離陸  1950-54
特殊用途向けポータブルラジオ 1954-56
ポータブルラジオの増産と輸出の本格化 1955-58
真空管からトランジスタへ 1957- 

ポータブルラジオ展示室

参考文献

HOME


解説編

国産ポータブルの離陸 (1950-54)

 アメリカ規格の電池用mT管は、日本電気の手により1950年7月から量産が開始された。
当初用意された品種は1R5,1T4,1U5,3S4の4種類であった。当初は歩留まりも低く、普通のスーパー用ST管の2倍以上もする高価なものであった。
1952年頃にはマツダおよびロダンからも発売され、ロダンの製品は比較的安価だった。
アメリカ製の放出品を使って始まった国産ポータブルラジオの生産は、真空管や小型部品の国産化により、少しずつ伸びていった。
セットのほうは、専門の中小メーカーから製品が発売されていた。中島、シルバー、アルペン、エンパイヤ、東海といったブランドが有名である。
デザインは大半がアメリカ製品のコピーである。初期にはプラスチック成型の技術がなかったために金属か木製のキャビネットのものが多かった。

 1949年から電池式受信機協議会が活動を開始し、真空管や電池の改良に取り組んできたが、1950年の朝鮮戦争による特需が発生し、国産の交直両用受信機が朝鮮半島に輸出されることになった。これが日本製ポータブルラジオ輸出の始まりである(1)

 しかし、国内ではポータブルラジオがすぐに一般に普及することはなかった。この大きな理由は電池のコストである。
真空管式ポータブルにはA,B2種類の電池が必要である。
フィラメント用のA電池には単一型乾電池を1個、B電池には67.5Vの積層乾電池を使うことが多かった。

 
ポータブル用電池、左からBL-M145、BL-145、UM-1、UM-2

 B電池は当時500円近い値段であった。1952年の公務員の初任給が7,650円である。電池の寿命は断続的に使って1〜3ヶ月というところであった。
現代の感覚だと2万円のノートパソコンのバッテリーを毎月交換するという感じだろうか。この点で日本ではポータブルラジオはかなりの「贅沢品」であった。当時の文学作品などでは、乗用車と並んで「道楽息子」のシンボルのように描かれている。
 それでも1954年後半からは大手メーカが参入し、生産が本格化した。このためポータブルの生産が目立って増加し、月産1万台程度で、全生産台数の1割近いシェアとなった。この年の後半からは松下など大手メーカが参入し、生産が本格化した。量産化に伴って低価格化し、6千円台の製品(シルバーBX-100型、\6,800)も現れるようになった。

 しかし、所得の高いアメリカでは電池の割高感はなく、広く普及していた。
50年代前半にはループアンテナを使っていたためにずんぐりした形だったのがバーアンテナが実用化されて薄型になった。

TOP


特殊用途向けポータブルラジオ  1954-56

 1954年頃から、防災用、または僻地の無電灯地域での教育用に、直流式ラジオが用意された。
NHK、電波技術協会などとメーカが協力して電池式のホームラジオや、防災用の大容量電池を備えるポータブルラジオが開発され、NHKや自治体の補助により一部に配備された。しかし、すぐにトランジスターラジオが普及したため、多く使われることはなかった。

TOP


ポータブルラジオの増産と輸出の本格化 1955-58

 日本のポータブルラジオは、昭和20年代には、白砂、中島などの中小専門メーカの製品が大半であった。
1955年以降はエンパイア、東海、ハイファイ無線など中小メーカが増えただけでなく、松下、三洋、シャープ、東芝など大手メーカがいっせいに参入し、生産が激増した。多いときは月生産台数の半数がポータブルであったという。1955年には中波受信機の30%がポータブルであった。(2)
増加の原因は輸出の増加である。1954年までは輸出の大半が東南アジアと南米向けであったが、1955年には対米輸出が全体の半数を占めるようになった。1955年には約21万台が輸出され、これはポータブルラジオ全生産量の約4割である。翌56年には輸出は倍増した。(2)

デザインはアメリカ製品のコピーが多かったが、品質や技術レベルは向上していた。
技術的なトピックとしては、フィラメント電流が従来の半分の25mA管が発売され、電池寿命が延びたことが挙げられる。
イヤホン端子を備える製品が増えたことも電池の節約には役立った。
セットの価格も電池専用で5千円を切る低価格のものが多数登場した。
25mAシリーズには、アメリカ系の改良型であるSFシリーズと、松下がフィリップスから導入した欧州系のDシリーズの2種類がある。
低消費電力化によって5球式や2バンドなどの高級仕様のものが登場するとともに、3球式のイヤホン専用の安価なモデルも登場し、バリエーションが増えた。
また、セレン整流器の普及により交直両用型が増え、使いやすくなった。

TOP


真空管からトランジスタへ 1957-

 真空管ポータブルの生産が増加し、輸出が軌道に乗り始めた1955年、東京通信工業(現ソニー)から日本初のトランジスタラジオTR-55が発売された。
1957年頃からは多くのメーカがトランジスタラジオに参入した。トランジスタラジオは当初は真空管ポータブルより高価で性能も低かったが、性能は短時間のうちに改善され、安価な乾電池で長時間使用でき、故障も少ない特徴から広く市場に受け入れられた。
1957年に入り、2月に中島ラジオテレビ製作所、3月に東海無線工業、7月に勝山ラジオテレビ製作所、8月には白砂電機が倒産した。
国内ではトランジスタラジオが各社から発売されたことで電池代のかかる真空管式ポータブルは投売りとなっていた。
また、輸出価格は過当競争で7ドル(FOB)以下にまで下がり、利益が出なくなっていた。(5)
当初性能が低かったトランジスタラジオに対抗するために真空管ポータブルは高周波増幅つきの5球式や、オールウェーブの高性能機を投入したが、トランジスタラジオの性能は急速に向上し、競争に勝てなかった。ポータブル専業メーカで生き残ったのは、スタンダードとクラウンくらいだった。

トランジスタラジオは1958年からはアメリカ市場に大量に輸出されるようになり、日本の代表的輸出品に成長した。
1959年にはホームラジオを含むラジオセット生産量で、真空管式よりトランジスタのほうが生産が多くなる。
1960年度第4四半期には統計上の生産台数が0となり、絶滅した(4)。
真空管式ポータブルラジオは、1950年代のうちに生産されなくなった。本格的にmT管の生産が開始されてわずか8年ほどしか経っていなかった。
真空管ポータブルが量産され、本格的に輸出されたのは1955年から58年にかけてのわずか3年弱でしかない。
しかし、トランジスタラジオに取って代わられるまでの間、日本のラジオ輸出のパイオニアとして、市場開拓の役割を果たしたのである。

TOP


ポータブルラジオ展示室

アメリカ製品

 RCA Victor B-411型  4球スーパー   Radio Corporation of America RCA Victor Division (U.S.A.)   1951年
 Zenith model H 500 "Trans-Oceanic" 7バンド3ウェイポータブルスーパー Zenith Radio Corp.(U.S.A.) 1951-54年
 TRAV-LER 5300型 4球スーパー               TRAV-LER RADIO CORPORATION, (U.S.A.) 1953年
  Emerson 747    サブミニチュア管使用4球スーパー Emerson Radio & Phonograph Corp. (U.S.A), 1953-54, $40.00 (NEW)

 G.E.     MODEL 622 4球スーパー      General Electric Co.(U.S.A.) 1955年頃
 RCA Victor 6-BX-6型  3ウェイ4球スーパー Radio COrporation of America RCA Victor and "Victrola" Division  1955年頃
 Motorola model 56B1  4球3ウェイポータブルスーパー Motorola Inc. (U.S.A.) 1956年

日本製(初期)
 Continental Model M-500型    4球スーパー Continental Merchandise Co., Inc. 勝山ラジオテレビ製作(株) 1954年
 ナショナル PS-81型        3ウェイ4球スーパー 松下電器産業(株) 1953-54年 \18,000

 ナショナル(National) PL-403型 非常用長時間ポータブル4球スーパー 松下電器産業(株) 1955年 \8,700 

日本製:専業メーカ

 エンパイヤ DX-101型 3ウェイ5球ポータブルスーパー 勝山テレビラジオ製作(株) 1955年 \16,950(電池別) (NEW)
 クラウン  PR-300型   3球ポータブルスーパー 旭無線電機(株)        1956年頃
 シルバー  SF-820型  4球スーパー        白砂電機(株)          1956-57年 \4,800
 ナカジマ  P-156型   4球スーパー        中島ラジオテレビ製作所(株) 1956年    \5,900 (加筆訂正)
 シルバー  DX-300型  3ウェイ4球スーパー   白砂電機(株)           1955-56年 \9,800

日本製:大手メーカ

 ナショナル EA-185型  3ウェイ2バンド4球スーパー  松下電器産業(株) 1957年 \11,900
 ナショナル UA-120型 3ウェイ3バンド5球スーパー  松下電器産業(株) 1957年 \16,800 (NEW)
 ビクター  4P-2005型  3ウェイ2バンド4球スーパー  日本ビクター(株)  1957年 \11,300
 日立    HP-401型   3ウェイ2バンド4球スーパー 日本ビクター(株)   1957年 \11,300

TOP HOME


 RCA Victor B-411型 4球スーパー Radio Corporation of America RCA Victor Division (U.S.A.) 1951年

  

 
 アメリカ、RCAの電池専用4球スーパー。1R5-1U4-1U5-3V4 の構成で小型のダイナミックを駆動する。
いち早くバーアンテナを採用することで薄く、小型にまとめることができている。
このデザインはその後のRCAのポータブルにしばらく引き継がれた。国産のコピー品も数多く作られている。
(所蔵No.11753)

TOP


 Continental Model M-500型 4球スーパー Continental Merchandise Co., Inc. 勝山ラジオテレビ製作(株) 1954年

  

  
TUBES: 1R5-1U4-1U5-3S4, 2.5" Permanent Dynamic Speaker,

 エムパイヤのブランドでポータブルラジオおよびキットを生産していた勝山の輸出用モデル。電池専用である。
アメリカの商社ブランドのコンチネンタルでOEM供給されていた。
デザインはRCA B-411型に酷似しているが、写真のように並べてみると形状や寸法は異なっている。
型取りして作ったようなコピー品ではないことがわかる。
ただ、オリジナルのRCAよりもキャビネットの肉が厚くなっている。
また、超小型のスピーカが作れなかったためにシャーシのレイアウトが微妙に違っていて、同じサイズのB電池が入らないため、小型の品種を使用する。
RCAのモデルは裏蓋を外すと分離するようになっているが、このモデルはヒンジが追加されている。
便利には違いないが、この部分が破損しているものが多いところを見ると、強度上の弱点となってしまったようである。

RCAのスーパーヘテロダイン特許の特許料を支払っていた(他の日本メーカの大半が払わされた)ため、ライセンスをクリヤしているような文章が表示されてるのがミソである。もちろん、意匠権を買ったわけではないだろう。
(所蔵No.11866)

TOP


 Zenith model H 500 "Trans-Oceanic" 7バンド3ウェイポータブルスーパー Zenith Radio Corp.(U.S.A.) 1951-54年

  
TUBES: 1U4 - 1L6 - 1U4 - 1U5/1S5 - 3V4, AC/DC117V , Batt: Z985,A: 9V, B: 90V  BC,SW:2-4,4-8Mc,16M,19M,25M,31M

大型のトランク型ポータブルラジオ。中波の他、2-18Mcの短波を6つに区切った合計7バンドのオールウェーブである。
このシリーズは第2次大戦が始まった頃に発売された。本来は大型ヨットに搭載して使用する目的で開発されたが、一部は兵士の慰問用に戦地でも使用された。同社のポータブルの特徴である、取外せるループアンテナ"Wavemagnet"が蓋の裏側に取り付けられている。
海上で使用するのに便利なように、2-4Mc、4-8Mcの気象、マリンバンドが追加されている。
電池は大容量の組電池を使用する。この大型ポータブルは245,000台あまり生産された。豊かなアメリカ以外では考えられない商品である。
(所蔵No.11096)

TOP


 TRAV-LER 5300型 4球スーパー TRAV-LER RADIO CORPORATION, (U.S.A.) 1953年 

  

 
 アメリカの中堅メーカ、トラベラー社の4球スーパー。1R5 - 1U4 - 1U5 - 3V4の構成である。使用時間を延ばすためか、A電池を2個並列で使用している。
バーアンテナを使うことでシャーシが小型化し、薄型のスマートなデザインにまとめられている。
(所蔵No.11585)

TOP


 Emerson model 747 サブミニチュア管使用4球スーパー Emerson Radio & Phonograph Corp. (U.S.A), 1953-54, $40.00

  

TUBES: 1V6 1AH4 1AJ5 1AG4, A: DC1.5V (Emerson No.EM-35), B: DC45V (Emerson No.EM-86),

サブミニチュア管を使用した、スピーカが鳴るポータブルとしては当時世界最小のラジオ(幅6インチ)。
後年のトランジスターラジオとあまり変わらないサイズと重量を真空管式で実現した画期的な製品である。
小型化した部品や樹脂製シャーシ(まだプリント基板ではない)が開発され、軽量化に寄与した。
本格的な"Pocket Radio"として宣伝されたが、厚みが1インチ以上あり、「胸ポケットに」という宣伝文句にはちょっと無理がある。
普通のラジオと異なり、裏蓋ではなく、正面パネルを外してメンテナンスを行う(写真右)。
小型化したために電池が小さく、B電圧が45Vと低いため、音量が小さいことと電池の持ちが悪いという欠点があった。
このモデルは1955年に、外観をほとんど変えずに音声出力回路のみをトランジスタ化した838型にモデルチェンジした。
838型はトランジスタと真空管のハイブリッドという珍しい形式のラジオである。

(所蔵No.11A035)

TOP


 ナショナル PS-81型 3ウェイ4球スーパー 松下電器産業(株) 1953-54年 \18,000

  

  

 
 松下最初のポータブルラジオ、中間周波2段の5球スーパー。1R5-1T4-1T4-1U5-3S4 の構成で自社製4P-51R型ダイナミックを駆動する。
電池は単一2個とBL-145型67.5V積層乾電池を1個使用する。
交直両用で、電池で使うときはシャーシの穴に電源プラグを差し込むと電池に切り替わるようになっている。整流にはセレン整流器を使用。
全体のデザインはアメリカ、フィルコ社の51-631型あたりが元になっていると思われる。ツマミのデザインはエマーソンのコピーである。
ダイヤルのカバーを引き起こすと、カバーの裏がダイヤル目盛になっている凝った構造である。
アメリカ製品より一回り大きく、プラスチックのケースも分厚い(奥行きが10cmもある)。
価格も同社のオールウェーブセット並みの高価なものだった。
翌年には大幅にコストダウンしたモデルが発売されることで、このモデルは短命に終わった。
パーソナルラジオの可能性を求めて多くのユニークな小型ラジオを発売した一連の"PS"シリーズのひとつで、松下の習作といえる。
(所蔵No.11754)

TOP


エンパイヤ DX-101型 3ウェイ5球ポータブルスーパー 勝山テレビラジオ製作(株) 1955年 \16,950(電池別)

  
TUBES: 1R5 1T4 1T4 1U5 3S4, A: DC1.5V (UM-1A X2), B: DC67.5V (BL-145) or AC/DC100V

中間周波2段で5球式の高級なポータブルラジオ。まだ低消費電力管がなく、球数が多いために、A電池は単一を2個使用する。
メーカの勝山テレビラジオ製作は、輸出用にはContinentalのブランドも使っていた。
1955年はポータブルラジオの対米輸出が盛んになった年で、安価なイヤホン用モデルから高級型までバリエーションが多彩であった。
このセットの場合、3ウェイなので家庭内では電池の消耗を気にしないで使えるが、安価な5球スーパー2台分に相当する高価なものだった。
AC/DC100V専用で、国内用の電池の品番しか記載されていないことから、国内向けのモデルと思われる。

本機は、キャビネットに褪色がみられる。また、A電池のホルダが失われている。

掲載誌:角田卸商報No.20 1955.1

(所蔵No.11A021)

TOP


クラウン PR-300型 3球ポータブルスーパー 旭無線電機(株) 1956年頃

  
TUBES: 1R5 1T4 1S5, A: 1.5V (UM-2), B: 45V (BL-030L)

 旭無線は戦後、1948年に創業され、1955年4月からポータブルラジオの生産を開始した後発メーカである。
この機種はローエンドの3球式で、イヤホン専用である。
このタイプの3球ポケット型スーパーは、電池の消耗が少なく、安価(大体4千円くらい)なため各社から発売された。
当初から輸出が考慮されていたため、ラベルの表記は英語のみである。

同社はその後輸出用トランジスタラジオの生産で成長し、1965年からはテレビの製造を開始した。
その後もクラウンブランドで輸出専門メーカとして生産を継続したが、1993年には社名を宮越商事(株)に変更してメーカから商社へと業態転換し、現在に至る。

本機は新品未使用である。B電池は本体にオリジナルが残っていた。A電池は当館で撮影用に取り付けたもの。

(所蔵No.11944)

TOP


ナショナル PL-403型 RC-147W 非常用長時間ポータブル4球スーパー 松下電器産業(株) 1955年 \8,700
  

 
TUBES:1R5-1U4-1U5-3S4、5" P.D.SP. (National model 5P-51RC)
 松下が非常用長時間ポータブルとして発売したセット。アメリカでよく見られるA/Bを1つの箱に入れたパック型乾電池を使用する。
家庭用ではなく、防災用として地方公共団体や学校などに備えられた。
デザインが戦前の国防受信機によく似ている。戦前の国防受信機の再来と考えてよいだろう。
この製品は1955年のみでカタログから落とされた。

本機は修復されて電池ケースにAC電源が追加されているが、本来は電池専用である。
(所蔵No.11922)
TOP

G.E. MODEL 622 General Electric Co.(U.S.A.) 1955年頃
  

 アメリカG.E.の電池専用4球スーパー。1R5 - 1U4 - 1U5 - 3V4 の構成である。シンプルに作られ、低コストに仕上がっている。
このセットは"MADE IN USA"だが、この後、ポータブルラジオは日本からの輸出が急増し、OEM供給されたアメリカブランドの日本製品も出回るようになる。
(所蔵No.11101)
TOP

 RCA Victor 6-BX-6型 3ウェイ4球スーパー Radio COrporation of America RCA Victor and "Victrola" Division  1955年頃
  

 
 アメリカ、RCAの3ウェイ4球スーパー。1R5-1U4-1U5-3V4の標準的な構成である。
ACと電池(A:1.5V、B:67.5V)両方を使用できる。整流にはセレン整流器を使用している。
電池で使用するときは電源プラグをシャーシの孔に差し込んで切り替える。この時代のRCA製ポータブルの代表的モデルである。
(所蔵No.11752)
TOP

Motorola model 56B1 4球3ウェイポータブルスーパー Motorola Inc. (U.S.A.) 1956年
  
TUBES: 1R5 1U4 1U5 3V4 Se-rectifier, P.D.SP.(Motorola Golden Voice),
B: DC90V(Eveready No.479, Burges No.P60, General No.176 or equiv.), A: 7.5V(Eveready No.717, Burges No.C5, General No.31 or equiv.) or AC/DC117V

 戦前にカーラジオから家庭用ラジオに進出したモトローラのポータブルラジオ。50年代を代表するポップなデザインである。
大型のハンドルの中にバーアンテナが内蔵されている。このハンドルを回転して感度を調整できるようになっている。
アンテナがセットの外にあるため、キャビネットは鉄ケースにクロス貼りである。
(所蔵No.11931)
TOP

 シルバー SF-820型 4球スーパー 白砂電機(株) 1956-57年 \4,800
  

 
A: DC1.5V (UM-1 X1) and B: DC67.5V (BL-M145 X1), 3.5" P.D.SP.

  ポータブル専門メーカ、白砂電機の低価格電池専用4球スーパー。1R5-SF - 1T4-SF - 1U5-SF - 3S4 -SF の25mA管を使用している。
輸出を意識したのか、ラベルの表示が英文となっているが、電池の形式が日本式の呼称しか書いていない。

(所蔵No.11036)
TOP

 ナカジマ P-156型 4球スーパー 中島ラジオテレビ製作所(株) 1956年 \5,900
  

 
  ナカジマ P-156とエマーソン747(左)の比較
TUBES: 1R5-SF - 1T4-SF - 1U5-SF - 3S4 -SF, A: DC1.5V, B: DC67.5V (BL-V145)

 日本のポータブルのパイオニアである中島の電池専用4球スーパー。1R5-SF - 1T4-SF - 1U5-SF - 3S4 -SF の25mA管を使用している。B電圧はエマーソンより高い67.5Vだが、小型のBL-V145型の電池を採用している。
このモデルは前年のP-155型をモデルチェンジしたもの。デザインのオリジナルはアメリカ・エマーソンの747型である。
エマーソンはサブミニ管を使用しているためこのセットより一回り小さい。
サイズが拡大されている以外は、前面パネルを外してメンテナンスする構造を含め、そっくりである。
このモデルが発売された前年には、本家エマーソンはトランジスタとのハイブリッドのモデルに変わっている。
このモデルは東芝にOEM供給されたほか、海外向けにも複数のブランドでOEM供給されている。
(所蔵No.11037)
TOP

 シルバー DX-300型 3ウェイ4球スーパー 白砂電機(株) 1955-56年 \9,800
  

 
TUBES: 1R5-1T4-1S5-3S4
AC/DC100V 50/60Hz or A: DC1.5V (UM-1 X1) and B: DC67.5V (BL-M145 X1), 3.5" P.D.SP.

 ポータブル専門メーカ、白砂電機の電池専用4球スーパー。旧来のアメリカ式50mA管を使用している。
セレン整流器を使用した交直両用である。
輸出を意識したのか、ラベルの表示が英文となっているが、電池の形式が日本式の呼称しか書いていない。
また、バンドがアメリカ向けにできるように日本の535-1605kcではなく、530-1650kcとなっている。
(所蔵No.11339)
TOP

 ナショナル EA-185型 3ウェイ2バンド4球スーパー 松下電器産業(株) 1957年 \11,900
  

   
  背面外観(左)とフレームアンテナを上げた状態(中)、内部に貼られたDシリーズのラベル(右)

TUBES: 1AB6/DK-96 - 1AJ4/DF-96 - 1AH5/DAF-96 - 3Y4/DL-97(ナショナル), P.D.SP,
AC/DC100V 50/60Hz or A: DC1.5V (UM-1 X1) and B: DC67.5V (BL-M145 X1), 3.5" P.D.SP.
BC: 540-1600kc, SW: 3.9-10Mc

 松下の高級型ポータブル。540-1600kcの中波のほかに3.9-10Mcの短波バンドを持つ。
フィリップスから技術導入した省電力型のDシリーズ管を採用。セレン整流器を使った交直両用である。
短波受信用にフレームアンテナを備えている。
(所蔵No.11064)
TOP

ナショナル UA-120型 3ウェイ3バンド5球スーパー 松下電器産業(株) 1957年 \16,800
  
  外観(左)と背面(右:フレームアンテナを上げた状態)
 
TUBES: 1AJ4/DF-96-1AB6/DK-96 - 1AJ4/DF-96 - 1AH5/DAF-96 - 3Y4/DL-97(ナショナル)
AC/DC100V 50/60Hz or A: DC1.5V (UM-1 X1) and B: DC67.5V (BL-M145 X1), 3.5" P.D.SP.
BC: 540-1600kc, SW1: 3.2-7Mc, SW2: 7-12Mc

松下の最高級ポータブル。540-1600kcの中波のほかに3.2-12Mcの短波帯を2つに分けたバンドを持つ。
フィリップスから技術導入した省電力型のDシリーズ管を採用。セレン整流器を使った交直両用である。
通常のポータブルよりは一回り大きく、高周波増幅付のため本格的な3連バリコンとコイルパックを使用している。
短波受信用にフレームアンテナおよび外部アンテナ/アース端子を備えている。
デザインも従来の真空管ポータブルから離れた、トランジスターラジオをイメージした新しい雰囲気になっている。

この年に松下はトランジスターラジオを発売している。電池のコストと持続時間では勝ち目のない真空管ポータブルは、トランジスターで実現できないオールウェーブと高感度化に走った。この機種の価格は、中級のオールウェーブが買えるほど高価である。
真空管ポータブルの最後を飾る製品といえる。
(所蔵No.11A027)
TOP

 ビクター 4P-2005型 3ウェイ2バンド4球スーパー 日本ビクター(株) 1957年 \11,300
  

 
TUBES: 1AB6/DK-96 - 1AJ4/DF-96 - 1AH5/DAF-96 - 3Y4/DL-97(ナショナル), P.D.SP,
AC/DC100V 50/60Hz or A: DC1.5V (UM-1 X1) and B: DC67.5V (BL-M145 X1), 3.5" P.D.SP.
BC: 535-1605kc, SW: 3.8-7Mc

遅れてポータブルに参入したビクターの交直両用2バンドポータブル。
松下の傘下に入っていたためか、松下製のDシリーズ管を採用している。
短波のバンドは狭く、3.8-7Mcである。短波用にロッドアンテナが使われている。

掲載誌:無線と実験 1957年3月号、5月号
(所蔵No.11060)
TOP

 日立 HP-401型 3ウェイ4球スーパー (株)日立製作所 1956-58年 \12,700
  

 
TUBES: 1T4-SF 1R5-SF - 1T4-SF - 1U5-SF - 3S4 -SF

 日立の最後期の真空管式ポータブル。1956年末に発売され、1957年4月に発売された同社初のトランジスタラジオと併売された(3)。
3ウェイのRF付5球スーパーで、25mA管を使用している。このモデルは同社の真空管ポータブルの最上位機種である。
回路図に、SF管の新名称1AM4(1T4-SF), 1AQ5(1R5-SF), 1AS5(1U5-SF), 3W4(3S4-SF)が記載されているのが珍しい。
トランジスタラジオの機種が増える中で最後まで販売され、1958年6月にカタログから落とされた。
(所蔵No.11050)
TOP

参考文献

 (1)電波新聞 1950(昭和25)年11月15日 電波新聞社
 (2)日本の電子工業 1957年5月 通産省重工業局編 日刊工業新聞社
 (3)日立 Vol.18-19 (1956-57) 日立評論社
 (4)NHK年鑑 1962年版No.1 日本放送協会編 1961年11月 日本放送出版協会
 (5)中島祐喜 トランジスタラジオ輸出の展開 大阪大学大学院経済学研究科Discussion Paper 08-28

HOME



















出会いと離別